FC2ブログ

Dr.OHKADO's Blog

. Windows 太郎?

 3月になりました.啓蟄も過ぎ,三寒四温といったところです.
 
 パソコンは仕事でもプライベートでも私にとっては欠かせない存在となっていますが,先日クリニックで使っているノートパソコンが酷使に耐えかねて?とうとう悲鳴をあげてしましました.もともとあまりスペックのよいパソコンではなかったのですが,開業当初に友人から格安で譲って頂けたので使ってきました.しかし最近フリーズが頻発したり起動にやたらと時間がかかったりして心配していたところ,とうとう立ちあがらなくなってしまいました.1時間ぐらいして何とか立ち上げたのですが,もう息も絶え絶えの状態で,この機会にやむなく新しいパソコンに乗り換えることとしました.
 
 某大型家電ショップを訪れると,WindowsのOSはこの春からWindow7とやらに変わったとのことで,それを搭載した春モデルの新しいパソコンが所せましと競うように並んでいます.しかし少し横の方に,昨年の夏モデル,OSは当然Windows Vistaのままですが,スペックが非常に高性能で外観もイケてる?パソコンが激安で売っていたため,すぐにそれに決めました.
 
 私とパソコンの付き合いは古く,医師になって2年目に初めて購入したパソコンは,今や押しも押されぬブランドとなったApple社のMacintoshコンピューターの元祖ともいえるMacPlusでした.まだ当時はハードディスクの概念もなく,今考えると隔世の感がありますが,ワープロのようなソフトはもちろん,システムさえフロッピーに収められ,使うたびにそれをフロッピードライブから入れていました.画面は勿論白黒でしたが,その当時主流となりつつあったDOSパソコンにはまだマウスを使うという概念がなく,直線1本を引くのにさえ複雑なコマンドをキーボードから打ち込むのに対し,マウス一つで簡単に操作ができるのが魅力的でした.
 その後のパソコンの進歩は周知のとおりで,私も必要に応じて買い替え,途中からはWindowsに乗り換えて今日に至っています.今のパソコンに比べれば,MacPlusなど幼児のおもちゃ以下といっても過言ではありません.
 
 他の電化製品でもそうですが,特にパソコンに関しては,その進歩について行くのが本当に大変だと感じます.そして企業の戦略なのでしょう,ソフトもそれに応じて次々とversion upしていますが,最近は何か正直言って便利になったというよりむしろ困惑しています.たとえばWordやExcelが2003から2007に変わった時も,ほとんど使わないような,別にどうでもよいような機能がついていたり,せっかく覚えたボタンやタブの位置が意味もなく全然違う位置に変わっていたりで,見た目をいじくりまわしたわりには使い勝手は全然よくなっていない,というような感さえあり,何の意味があるのかと訝ってしまうほどです.
 OSにしてもXpから数年でVistaに変わったと思ったら,今年からは7とのこと…,Vistaに変わって便利だと感じた機能といえば検索機能が速くなったことぐらいなのに,今度は一体何がどうなるというのでしょうか?
 売る方としても消費者が次々と買い換えてくれなければ商売にならないというのは理解できなくもありませんが,何かもういい加減にしてほしいという気持ちも正直あります.
 
 それでも,パソコンに限らず次々と新製品が出ると結局買い換えざるを得ないように洗脳されて?しっかりと市場ベースに乗せられていく,これぞ悲しい庶民の性なのかもしれません(笑)
 Windows Xp,そしてVistaから7(セブン)ときて,じゃあ次は「帰って来たWindows」,その次は「Windowsエース」,そして「Windows太郎」…?
  それって某プロダクションがやっていた○○トラシリーズでしたっけ?
スポンサーサイト



comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://ohkado.blog25.fc2.com/tb.php/99-7f0393bf
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です.
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード