FC2ブログ

Dr.OHKADO's Blog

. 「終わった」なんて…

 2月も終盤に入り,少しずつ春の陽気を感じさせる日も出てきました.
 
 さて先日からバンクーバーでは冬季オリンピックが開かれ,選手たちが熱い熱戦を繰り広げています.
 日本からも多くの選手が参加しましたが,なかなか世界の壁は厚く,期待するほどメダルの数は伸びません.
前半に行われた女子モーグルでは,日本の第一人者である上村愛子選手が出場し,メダル候補として日本中の期待を一身に背負って試合に臨みましたが,またもやメダルには届きませんでした.今まで4回ものオリンピックに連続出場するたびに着実な進歩を見せ,その順位が偶然にも7位,6位,5位と階段のように上がってきましたが,神様のいたずらなのかどうか,なんと今回もひとつだけ上がって惜しくも4位でした.

 試合後のインタビューでは,今度も周囲の期待に答えられなかった無念さで「なんで一段一段なんだろうと思いました…」と涙ながらに語っていた彼女の姿が印象的で,私も含め思わずもらい泣きしてしてしまいそうになった人も多いようです.

 この結果に対するマスコミの反応は,もちろん彼女の活躍を讃える論評が基調でしたが,ただ私はどのマスコミも判で押したように使うある言葉に違和感を感じました.
 それは,4位に「終わった」という言い方です.これは彼女の場合だけでなく,またオリンピックのみならずどんなスポーツの試合でも,よく見受けられる表現です.推測するに,周囲の期待を一身に背負って臨んだにもかかわらずその期待を裏切ってしまった場合には,このように「終わった」という表現が使われることが多いようです.某国営放送局までがこの言葉を使っているところを見ると,この表現を行うことが決まりごとにでもなっているのでしょうか?
 反対にあまり期待されていなかった選手が意外にも好成績を残した場合などは,むしろ「快挙」などのpositiveな表現が使われているようです.
 これはまあ仕方がないといえばないのでしょうし,それほど目くじらを立てることではないのかもしれませんが,私にはどうしてもこの「終わった」という表現は,何か選手に対して失礼な感じがするのです.

 上村愛子が日本における女子モーグルの第一人者であり,世界と互角に戦える素養を持っているのは誰しもが認めるところです.
 しかし今回のモーグルの結果を見ればわかるように,やはり世界の壁は厚かったということなのでしょう.もちろんメダルを争うほどの選手たちの実力など実際には僅差で,上村愛子にも十分その可能性はあった,しかし当日の調子や天候など,どうしようもない一瞬の「運」とでも言うべきもの,それが残念なことに彼女には微笑まなかったということなのでしょう. 

 メダルを期待するのは同じ日本人として当然で,私も心情的には,4回もオリンピックに出ているのだから(別に彼女が可愛いからということではありませんが(笑)),何が何でも獲らせてあげたかったと思いました.しかしそれはどの国の選手でも同じことだと思います.
 彼女のみならず,国の期待を一身に背負ってオリンピックという大舞台に参加する選手たちの,それこそ血のにじむような努力,忍耐,ストレス…それらは我々のような凡人には察してあまりあるものでしょう.メダリストとなれるかなれないかの差でその後の評価は天と地ほど違ってくる,だからこそメダルを獲れなかった悔しさ,悲しさは,周囲の期待が大きければ大きいほどその選手自身が誰よりも強く感じているはずです.
 
 それを馬鹿のひとつ覚えのようにメダル,メダルと随分前から大騒ぎし,いざ獲れなければ「終わった」というような一言で片づけてしまうというのは,いかがなものでしょうか?それでは結局マスコミの視聴率かせぎの道具にされただけという感も拭えません.
 やはり周囲は選手たちの本当の気持ちを想いやり,どういう結果であれ精一杯の拍手を送ってやることこそ本当の意味のねぎらいになると思います.そして何よりも私が強く思うのは,多くのメダリストたちを育てる気概が本当にこの国にあるのならば,他のスポーツ先進国のように財政的支援,練習環境,報償,引退後の保障など,あらゆる意味で選手たちを支えるしくみを国を挙げてしっかりと作ってあげることこそ,本当の意味での応援になるのではないかということです.
 
 
 
 
スポンサーサイト



comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://ohkado.blog25.fc2.com/tb.php/98-04bec2d5
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です.
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード