FC2ブログ

Dr.OHKADO's Blog

. 人生相談科

  開業すると標榜科目に関係なくあらゆる患者さんを診ることになるとは聞いていましたが,当院も御多分に漏れず,毎日実に様々な患者さんが受診されます.
  クリニックも過当競争にあるこのご時世,ましてや地域の人たちのかかりつけ医を目指すのであれば,門戸を少しでも広く開けておくことは当然のことですが,中にははっきりした病名をつけられないような訴えの患者さん,大きな病院ならばすぐに精神科や心療内科に回されてしまうような患者さんも多いのは確かです.

  特に循環器科や呼吸器科を標榜していると動悸や胸苦しさを訴える患者さんが多く受診されますが,実際はその多くは狭心症などの重篤な病気ではなく,何らかのストレスが原因になっている“心因性”のものが大半です.
 
  そんな患者さんたちの話を聞くとその内容は実に多岐にわたっており,息子が離婚しそうでストレスがたまって疲労困憊だとか,彼氏との関係がうまくいかなくて毎日動悸がするとか,仕事上の上司が意地悪で毎日息苦しいとか,本当にお気の毒と感じるものもあり,心臓神経症とかパニック障害といった診断をつけることとなります.
 
  でも彼らにとっては,病名をつけるだけではなんら解決にはなりません.実は一番の治療法は可能な限り話をゆっくり聞いてあげるということだということを,開業してからは改めてしみじみと感じるようになりました.

  昨年はある若い女性が頻繁に起こる動悸を訴えて受診され,いろいろな検査をしても異常がなく,彼女が自分の複雑な家庭環境を涙を流してまで話すのを聞いているうちに,おそらく心臓神経症だと考えて同じビル内の心療内科の先生に紹介したことがあります.診断はまさに私の考えた通りでしたが,意外にも先生からは「患者さんは先生に話をじっくりと聞いてもらったのが一番の薬になったようですよ.」との返事をいただき,ますますその感を強くしました.その患者さんはその後も時々当院を訪れますが,私と話をするといつも笑顔を取り戻して帰って行かれます.
 
  まだクリニックが開院したての頃は本当に暇だったので患者さんの話を30分ぐらい聞いていることもありましたが,今はさすがにそれだけの時間はなく,待合室が混んで来ている時に,看護師さんが患者さんの方を向いて話を聞いている私の斜め後ろに積んであるカルテを「わざとらしく(笑)」めくったりして合図を送ってくれるのですが,患者さんの話を遮るのが下手な私は彼女たちのせっかくの気遣いに答えることもできず,却って気をもませることになってしまうようです.
  そんな状況下でもお構いなく話の止まらない患者さんも少なくはありませんが,それでも私にさんざん喋った後に,「先生ありがとうございました.先生と話して胸のつかえもとれました.」と言って晴れやかな症状で帰ってくれると,話をゆっくり聞いてあげてよかったと妙に納得してしまいます.

  でも患者さんたちの中には,同じ町内の誰それさんはどこそこ有名大学の出身だけどそこのお嫁さんは品がなくてとか,どこそこのクリニックの院長はヤブのくせに偉そうだとか(私も言われていたりして…),戦中戦後を潜り抜けた自分たちから見ると今の若いやつらは本当に腰ぬけだとか,棺桶に片足を突っ込んでいると思って遺産目当ての親戚が最近やたらとすり寄ってくるとか,…世間話の方が目的?なんて思ってしまう人たちもいます.
 それでも患者さんたちがそういったことを話すことによって精神的に安定したり,気持ちが明るくなるのであれば,それはそれで立派な治療なのではないか,それにこちらも人生の大先輩方からいろいろな話を聞けて勉強にもなるではないかと思うようになりました.何よりも私のような若輩者に心を開いて話してくださることにむしろ感謝さえ感じており,医者冥利に尽きるとも言えます.

  そんなわけで,もともとどちらかといえばせっかちで短期な性格の私ですが,こと診察室に入ると,いくら患者さんの長い話を聞いていてもそれほどいらいらすることはなく,自分でも本当に驚くくらい気が長くなったと思います.これも患者さんたちに鍛えられた賜物かもしれません.

  先日当院のナースの一人が,「先生,うちの標榜科目に人生相談科っていうのも加えたらどうですか?」と笑いながら話してくれましたが,なるほどそれも悪くないなあ,などと本気で思ってしまいました.
スポンサーサイト



comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://ohkado.blog25.fc2.com/tb.php/96-e56d54f1
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です.
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード