FC2ブログ

Dr.OHKADO's Blog

. 副作用はありますよ

 患者さんに新しい薬を処方しようとすると,しばしば「副作用が心配なので飲みたくありません.」というようなことを言われます.中にはその薬がどうしても治療に必要なことを話しても,副作用の心配が故に拒否される方も少なくありません.

 実は,私は「副作用はありますか?」と尋ねられた時には,必ず「副作用はあります」と答え,そして注意すべき副作用やその程度について説明するようにしています.残念ながら,「副作用のない薬です」などと説明することはしません.

 物事には必ず表と裏があるように,病気の治療手段にも必ずその利点と欠点があります.どんな簡単な手術も100%安全とは言えないのと同じく,どんな薬にも必ず副作用があります.しかしその薬に期待する効果としての主作用が,欠点である副作用の起こる確率よりもはるかに高く,病気の治療に役立つ可能性が高いから使用するわけです.もちろん命を脅かすような重大な副作用が頻繁に起こるようでは困るがゆえに,薬が治療薬として認可されて世に出るのには極めて厳しい臨床試験が課されているわけです.それでも副作用がゼロという薬は決してありません. 

 よってある人にある薬の副作用が出るかどうかは,かなり予想できることもありますが,そうでないことの方がむしろ多いわけで,たとえ「副作用が少ない」といわれる薬であっても,その人に起こるかどうかは確率の問題といえます.それは人間の身体は個人々々異なり,誰一人として同じではないからです.

 例えば高血圧は一見無症状の人が大半です.しかし高血圧を放置すると動脈硬化が確実に進行して近い将来に心疾患や脳梗塞を起こす確率が極めて高いことは,今までの研究の積み重ねではっきりしています.したがって降圧剤のわずかな,そして通常はそれほど重篤ではない副作用の確率と,高血圧を放置することによる悲劇的な合併症の起こる確率とを比較すれば,薬の副作用を心配して服用しないというのは,まさに本末転倒なわけです.

 それに,自分は今まで病気一つしたことないから血圧や血糖値が高くても大丈夫,薬など不要,薬はきらいなどと言っている人に限って,いきなり心筋梗塞や脳梗塞で寝たきりになってしまった事例を私は今まで数え切れないほど見てきました.病気一つしていないのではなく,高血圧や血糖値が高いことはすでに立派な病気だからです.

 インフルエンザの特効薬であるタミフルを服用して,精神症状やそれによる自殺企図が報道された時も,タミフルを治療薬からはずすというような極論まで出ました.しかし,インフルエンザに対するタミフルの恩恵は計り知れず,この症状がこの薬の副作用によるものかどうか明白でないにもかかわらず,もし本当に使用禁止にしたら,どうなるかは誰の目にも明白です.

 もちろん患者さんの中には,以前にある薬を飲んでひどい副作用を起こしたというようなトラウマがある方や,実際に多くの薬剤にアレルギーを起こしてしまうような体質の方もいるので,医療サイドも十分注意しなければなりません.

 ただいずれにせよ,患者さんの自覚と医療サイドの説得力のある説明に裏打ちされた信頼関係が,薬を有効に使用していただくために最も重要なことであるとは思います.
スポンサーサイト



comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://ohkado.blog25.fc2.com/tb.php/64-0334f99c
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です.
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード