FC2ブログ
2009/04/18

ゆるぎない信念

 大リーグのイチロー選手が先日とうとう,かつて張本勲氏が達成した日本人の最多安打記録を更新しました.大リーグに移籍して8年,次々と記録を打ち立てる彼には国を越えて賞賛の声が上がっており,同じ日本人としても誇りに思います.

 現状に決して満足せず,奢らず,常に上を目指して黙々と成績を積み重ねていく彼の姿をみて,ある人がテレビで「職人」と称していたのが印象的でした.今や天才打者と呼ばれる彼とて,愛工大名電高卒業後のドラフトでは4位という評価でした.従って彼の偉業は,走攻守そろった抜群の身体能力と野球センスによるもの以上に,人並み外れたたゆまぬ努力と向上心がなしたものだと言われています.「一念岩をも通す」ということばがありますが,まさに彼のような人のためにあるのでしょう.

 世の中で一流と言われたり,大事を成し遂げた人々に共通しているのは,一言でいえば「ゆるぎない信念」ということではないでしょうか.

 もちろん「信念」を貫き通すというのは言うは易し,行うは難しです.人はつい安きに流れやすいものですし,モチベーションを保つには大変なエネルギーが必要な上,時には周囲との軋轢も覚悟しなければならないからです.だから結局は自分の保身に走ってしまい,世のため人のためなどという気持もなくなってしまう.たとえば今の政治家や官僚を見ていると,本来の仕事そっちのけで,選挙で当選することと既得権益を守ることに汲々としているばかりに見えます,この大変な時期にこそ信念を持った政治家がいて欲しいのに,本当に日本や世界の将来のことを考えている人がいるのか,甚だ疑問に感じざるを得ません.

 政治などとは全くスケールが違いますが,私も一国一城の主,自分のクリニックの経営を安定させ,自分と家族が,スタッフが,そして訪れる患者さんたちが幸せになるために最も必要なのは,何といっても幸せになりたい,豊かな人生を送りたい,そして地域医療に尽くしたいという「ゆるぎない信念」であると強く感じています.



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント