FC2ブログ
2008/05/26

友,遠方より来たる

開業して3週間あまりとなりました.
先週の土曜日,午前の診療も終わりに近づいた頃,携帯電話にメールがありました.
女子医大にいた頃の後輩で,5年前仙台の病院を去った時,私の後釜として赴任してくれたA先生でした.神戸で結婚式に出席するからついでにクリニックに寄っていいですか?とのことでした.
フットワークのよい彼らしく,それからかれこれ2時間ほどしてから彼が懐かしい顔を見せてくれました.
それからは四方山話しに花が咲き,1時間ほど楽しいときをすごし,またの再会を約束して結婚式に出席するため去っていきました.
開業すると,医師会,勉強会や学会以外ではスタッフ以外の人との交流,特にドクターとの交流は勤務医時代より減ることは知っていました.当たり前のことなのですが,何かさびしい気持ちもしていました.そんな時,気のおけない後輩が訪ねてくれるのは,新鮮でした.「先生のキャラクターならクリニックは繁盛しますよ!」と,半分お世辞とは分かっていても嬉しいことを言ってくれ,気をよくしたことは否めません.
とてもすがすがしい気分でした.
スポンサーサイト