Dr.OHKADO's Blog

. 永遠の同志たち

 今年もはや9月,夏の暑さも過ぎ,過ごしやすい日々となりました.

 さて,先月末に,母校である岐阜大学医学部の卒後35年の同窓会に参加して来ました.

 今回は同窓生約90余りのうち,29人が岐阜の地に集合しました.前回の同窓会からはや5年,残念ながらこの間小児科医だったA君が突然死で鬼籍に入りましたが,その他はみな元気に第一線で活躍していました.

 卒後初めて再会した者同士も多く,学生時代の懐かしい思い出と近況報告に積もる話は尽きず,私を含め参加者の多くが二次会,三次会にまでなだれ込みました.

 この年齢ですから,私のようにすでに子息たちが結婚している者が多いのは当然ですが,中には孫ができた者もチラホラいましたし,子息がやはり医学部に入ったり既に医師として活躍している者も多く,子息の研修先での指導教官が実は私たちの同級生だったというような話も聞き,時の流れを感じずにはいられませんでした.

 私がそれまで縁もゆかりもなかった岐阜という地で暮らすことになった経緯は別のblog(人生の選択)で書いた通りです.県民の方々には申し訳ないのですが,決して垢抜けたイメージがあるとは言えないこの地も,志を同じくする多くの仲間たちと同じ釜の飯を食って6年間も暮らすと,やはり青春時代のかけがえのない思い出を作ってくれた場所として愛着が湧きます.

 ただ,今の日本で大きな社会問題となっている地方都市の衰退の波はこの街にも押し寄せているようでした.
 当時,岐阜を代表する繁華街である柳ヶ瀬は,多くの市民や観光客で賑わっていました.市内の中心部に鎮座してこの街の医療の中核を担っていた医学部及び付属病院からも,歩いてすぐでしたので,多くの医療関係者や私たち医学生にとって,柳ヶ瀬はいわばオアシス,溜まり場のような存在だったとも言えます.
 しかし噂には聞いていましたが,当時のような盛況ぶりは見る影もなくなって見るも無残なほど寂れてしまっており,人通りも少なく,シャッター街のようになっていました.

 実はあちこちにキャンパスの散らばるタコ足大学だった岐阜大学は,私たちのいた頃から岐阜市郊外への統合移転計画が進行中で,医学部も私たちの卒業後まもなくして移転を余儀なくされたのですが,そのことも柳ヶ瀬の衰退の大きな一因になったのになったのは間違いありません.
 時代の流れとはいえ,私たちの思い出の場所が寂れていくのは正直残念の極みではあります.

 話変わって,世間ではこの年齢になると,定年や引退という話題で持ちきりになるようですが,医師に関しては,幸か不幸かあまりそういうことがありません.
 私のような開業医はもちろんですが,勤務医も定年はあるものの,60代そこそこで医師を引退するようなことはまずなく,健診医,老人ホームの管理医師,産業医,診療所の雇われ医師など,いくらでも需要があり,ほとんどの医師が次のキャリアを選択します.
 退職金や企業年金が少ないので働かざるを得ないという一面もありますが,何よりもこの仕事が好きなのかもしれませんし,良いか悪いかは別として生涯現役ということです.

 それゆえに,粗大ゴミなどと言われ奥様方に嫌われるようなこともない代わり,クルーズ船で世界一周など見果てぬ夢ではありますが,おそらく,好きなこと,他人に感謝されることを仕事として続けられるが故に,他の職業に比較して認知症などにもなりにくいのかもしれません.

 さて次の同窓会はまた5年後くらいでしょうか?
 その頃はもう高齢者の一歩手前ですが,それまで級友たちが1人も欠けることなく,まだまだ現役の医師としてお互い元気な姿で再会出来ればと思います!️

H29dousoukai
最前列向かって右から4人目が私


医師 ブログランキングへ
スポンサーサイト
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://ohkado.blog25.fc2.com/tb.php/265-d05ba6ea
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です。
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード