Dr.OHKADO's Blog

. 「襟裳岬の~~♪」はもうエエわ

  今年ももうすぐお盆ですが,例年になく厳しい猛暑にさすがの私も身体がついていけなかったからでしょうか,夜間のエアコンをドライの連続運転にしていたのをきっかけとして,7月の最終週あたり,軽度の咽頭痛と,少し声がおかしいのに気付きました.
普段は風邪というものには無縁で,診察室で毎日のように風邪やインフルエンザの患者を診ていてもうつったことがなく,スタッフには,「先生は時々お腹を壊すけど,風邪をひいたのはみたことがない」といわれてきました.

  今回も,まあ2~3日適当に薬を飲んで様子を見ていれば治るだろうとタカをくくっていたのですが,発熱や鼻汁などはほとんどないものの,声だけが1週間経ってもなかなか治らず,まるで森進一のようです.音譜でいうと,ドからソくらいまでは出るのですが,ラシドあたりが全く怪しい.

  これは流石にヤバイと思い,会合や医師会の理事会,サックス,合気道など,声や体力を使うものは全て可能な限りキャンセルしましたが,診療だけは休むわけにはいきません.
別に身体がしんどいわけではないのですが,絞り出すように声を出している姿は,患者さんに逆に「お大事に」と言われる始末.

  手持ちの薬を色々飲みましたが声だけがどうしてもなおらないのは流石におかしいと思い,8月7日,向かいのビルにある岡耳鼻咽喉科の岡しおり先生のところに午前診後ギリギリで駆け込みました.ファイバーで覗いてもらったところ,やはり,声帯が炎症で真っ赤で,抗菌剤と去痰剤でフォローアップでいいが,完治にはしばらくかかるとのこと.まあ,切開排膿を要するような状態ではなかったのが幸いでした.岡先生には感謝です.

  というわけで,初期の頃に比べればだいぶマシにはなりましたが,商売道具の声だけはごまかせず,まだ患者さんたちに「お大事に」と言われる辛抱の日々が続いています.

  開業してまる9年,とにかくただただ前を向いて,馬車馬のように頑張ってきましたし,それを体力的精神的に辛いなどと思ったことはありませんでしたが,今回の件はきっと神様から,身体のことも考えて少しはペースダウンするようにとの思し召しなのかもしれません.

  いつまでも,「襟裳岬の〜♫」とか冗談言っている場合ではないということですね(笑)
  ただ,「先生はマグロ(泳ぐのをやめて止まってしまうと死んでしまうといわれます)みたいです.」と普段から称されている私,いきなりマンボウのようになったら,たぶん余計に怪しがられるかもしれません(笑)


医師 ブログランキングへ



スポンサーサイト
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://ohkado.blog25.fc2.com/tb.php/263-0d8a0162
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です。
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード