Hola!

 このゴールデンウイーク,かみさんと,スペインに5泊の旅をして来ました.

 マドリッドでは,世界三大美術館の一つと言われるプラド美術館で,エルグレコやゴヤといった絵画の巨匠の作品を堪能,巨大なマドリッド王宮では,豪華絢爛な装飾品に,かつてこの国が太陽の沈まぬ国として君臨していた頃の国力とロマンを感じました.

 初めてみた闘牛は,最近動物愛護団体から動物虐待として槍玉に挙げられているように残虐な一面もありますが,それでも独自の文化として脈々と受け継がれて欲しいと思いました.

 快適な乗り心地のスペイン版新幹線AVEで移動したバルセロナは,この国が世界に誇る天才建築家ガウディの傑作が町のあちこちに点在していますが,言わずと知れたサグラダファミリアは,完成まで数年に迫った教会本体の圧倒的な威容,外壁その他いたるところに施された精緻な宗教彫刻,荘厳な趣きを醸し出すステンドグラスの数々に,息を呑みました.

 バルセロナ郊外の山の上にある古いキリスト教の聖地,モンセラットにも出向き,多くの観光客に混じって1時間半も並んだ甲斐あって有名な黒いマリア像にもありがたく拝謁してきました.

 街のあちこちに点在するスペイン版居酒屋であるバルにも何軒か赴き,陽気なこの国の人たちの日常を垣間見ることができましたし,初めてみたフラメンコショーも,想像以上の激しい動きに度肝を抜かれました.

 そして何よりも私にとって印象的だったのは,名所旧跡だけではなく,やはりヨーロッパ特有の街づくりの姿です.

 イタリアなどと同様,市の条例で昔の建物の外観を変えることが制限されており,あらゆる施設が,古い時代の見事な彫刻や色彩の豊かな外壁をそのまま残して使い続けられているため,美しい街並みは見ごたえがあります.
 日本は木像建築が多く火災や地震で失われやすいため同じ俎上で議論するのは無理があるとはいえ,それでも人々が心豊かに暮らせるような落ち着いた街づくりや景観保存という点では見習うべきことが多いのは確かでしょう.

 街路に関してもしかりで,たとえばバルセロナ市街の目抜き通りであるグラシア(Garcia)通り 〜カタルーニャ(Catalunya)広場〜ランブラス(Ramblas)通りにかけては,景観はもちろん,市民の憩いの場所となるように工夫された作りは見事というほかありません.

高級ブティック店などが立ち並ぶ新市街のグラシア通りは,歩道の幅が三車線分くらいあろうかと思われるほど広く,行き交う車を気にせず散策できます.
 一方バルやレストラン,雑貨店,土産物屋など,庶民的な店が多い旧市街のランブラス通りは,道路の真ん中に存分な幅で設けられた遊歩道には,美しい街路樹の下にオープンカフェや屋台のような様々な店々が軒を並べており,人々の憩いの場所になっています.両端の歩道はグラシア通りほど広くありませんが,遊歩道との間にある車道は両側とも1車線,一方通行に制限されています.

 両者とも,街の目抜き通りではあるけれどもあくまで主役は歩行者,観光客であるというコンセプトを感じました.

 さらに,ランブラス通りの東に広がる旧市街は,京都のごとく計画的に碁盤目状に作られた新市街とは対照的に,昔ながらの狭い路地が複雑に入り組んでいる地域で,さながらベネチアに似ていますが,隠れた名店や小さなバルの数々が散策を楽しませますし,この地域のシンボルともいえる教会堂(Catedral)周辺の大きな広場も多くの市民の憩いの場所となっていました.この地域を散策していると,ふと自分が中世ヨーロッパにでもタイムスリップしたような感じにさえなります.

 今や年間の観光客数がうなぎのぼりで昨年には二千万人を超えた日本にも諸外国にない素晴らしいものが幾多もありますが,ヨーロッパのこんな良い点も取り入れていけば,観光立国としてさらに磨きがかかるに違いありません.

プラド美術館
マドリッド:プラド美術館(クリックで拡大)

サグラダファミリア - コピー
バルセロナ:サグラダファミリア(クリックで拡大)

スペイン写真
左上:マドリッドの大通り,右上:バルセロナ旧市街,左下:バルセロナ・ランブラス通り,右下:バルセロナ・グラシア通り(クリックで拡大)

*タイトルは,スペイン語の「こんにちは!」,英語での「Hi!」です.


医師 ブログランキングへ

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ohkado.blog25.fc2.com/tb.php/258-a8148749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)