Dr.OHKADO's Blog

. いつまでも美酒を

  遥か古代,人類の文明の発祥とともに生まれ育まれてきたきたお酒は,単なる飲み物という存在を超えて,今や私たち人間の文化に欠かせないものとなっています.

 過度の飲酒により健康を害したり飲酒運転で人の命を殺めてしまうなどはもってのほかですが,適度な飲酒は健康に利することも知られており,また何よりも人間社会における何者にも代え難いコミュニケーションツールでもあります.

 わたしはゴルフもギャンブルもしませんしタバコも嗜みませんが,お酒を飲むことは好きで,それが随分と社交にも役立ってきました.

  最近の若い人たちは冷めているのかお行儀がよくなったのか,あまり無茶をしなくなったようですが,ネットもスマホもなかった私の学生時代は,何かにかこつけては悪友や先輩後輩たちと集まっては呑んだくれること数知れず,朝まで飲んで一升瓶を開けてしまうことなどザラでした.
  私のいた医学部は,当時岐阜市内最大の繁華街であった柳ヶ瀬(美川憲一の柳ケ瀬ブルースで有名です.古〜っと言われそうですが(笑))のすぐ北にあったので,よく皆で繰り出したものです.貧乏学生ですから安い居酒屋くらいしか行けませんでしたが,それでも本当に楽しい,そしてちょっぴりほろ苦い思い出となっています.

 医師になってからも,病棟,医局,オペ室,外来など各部署の飲み会がなんだかんだとあり,いつも楽しませてもらいましたが,自宅での晩酌はあまりしませんでした.特に心臓血管外科に転向してからは,翌日の長時間のオペのことや,夜間に緊急で呼び出される可能性が高いことを考えると,あまりそんな気にはなれませんでした.

  しかし開業して勤務医時代の激務から解放され,夜間の呼び出しもほとんどなくなってからは体力的に随分楽になり,少しずつ家呑みもできるようになりました.

  また,若い頃はとにかく肝臓の力に任せて量さえ飲めれば満足でした.
  でもさすがに50歳も過ぎると,深酒すると翌日に残るようになりましたし,何よりも飲むことの「質」にもこだわるようになり,生来の好奇心も頭をもたげて,お酒について色々と勉強するするようになりました.

  あいにく私は自他共に認める味覚音痴ですが,その点かみさんは鋭い味覚の持ち主で,娘たちは幸運にもそれを受け継いでいます.特に次女などは,炊いた米や味噌汁の味噌が少し変わっただけでもすぐに指摘するので,脱帽ものです.

  しかし,舌では叶わずとも,知識は勉強すればするほど自分のものになりますし,得意げにウンチクを垂れることも出来るのが楽しく(笑),ワインや日本酒をじっくり嗜む心の余裕ができてからは,新しい銘柄に出逢うたびにラベルをみてネットや本で調べたりするようになりました.
  特にワインは,産地 ,生産者,ブドウの品種,ビンテージ,それにまつわる物語など奥が深くて面白く,解説本もいつの間にか何冊にもなり,飲むたびにお世話になっています.
 もちろんソムリエのように気の利いた味の表現など出来ようはずもなく,サッパリとして飲みやすいとか,フルボディでしっかりしているとか大雑把なことしか言えませんが,難しいことはわからなくても,美味いものは美味いでえぇやないかと開きなおり,プロの書いた品評を読んで,その通りなやあなんて納得しているのです.

 日本酒もまた然りで,美味しい和食の味を引き立ててくれるような,これまた飛び切り美味しい地酒に出合えば,日本人でよかった,お酒の飲めない人には申し訳ないのですが,下戸でなくてよかった,なんて心から感動してしまいます.

  患者さんたちの中には飲み過ぎて肝機能や尿酸や中性脂肪の検査値が悪くなってしまっている方も多々おられ,そんな時は医師としては一時的な禁酒や節酒を指示せざるを得ません.
  けれども,仕事がらお酒の素晴らしさも怖さも知っている身としては,この先いつまでも大好きなお酒を美味しく楽しく飲めるためにこそ,適量を守って,頑張ってくれている肝臓をいたわりましょう,とお話ししています.

  これからも,豊かな時間を与えてくれる良き相棒として,楽しくお酒を嗜みたいと思っています.


医師 ブログランキングへ
スポンサーサイト
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://ohkado.blog25.fc2.com/tb.php/253-b22119ce
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です。
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード