FC2ブログ

Dr.OHKADO's Blog

. 初々しき音色

 早いもので今年ももう師走が目の前です.

 さて今月末の日曜日,クリニックのある神戸芸術センタービルの中にある小ホールで,ある音楽会が開かれました.
京都芸術大学でコントラバスを専攻している私の姪(弟の長女)が今年4月に同級生たち5人で結成した女性弦楽クインテット「Lucie Strings」が,初めてのコンサートを開いたのです.

 全員まだ2年生とあって年齢も20歳そこそこ,将来の日本の音楽会を背負っていくプロの卵とはえ,初めての演奏会とあって,挨拶や自己紹介などは緊張しているのがありありで,見ているこちらがひやひやするほどでしたが,いざ演奏を始めるとさすが,すぐに音楽家のモードに切り替わり,美しい音色で観客を魅了してくれました.

 また,場慣れしたトッププロの演奏家たちとは一味違う初々しさ,そして女性ならではの華やかさに溢れていて,会場全体がとてもなごやかな雰囲気に包まれていました.

 125席ほどの小ホールとはいえ,まだ無名な演奏家たちのクラシックの演奏会にどれだけの客が来てくれるか,姪たちも不安だったようですが,せっかくの機会ですので出来るだけバックアップすべく,クリニックにチラシを置いたりHPに載せたりして少しでも宣伝に勤めた結果,患者さんや業者さんも何人か来てくださいました.
 また,弟家族はもちろん,私のかみさんや父母なども,さくらでもいいから(笑)とあちこちに声をかけたことが奏功したのか,会場は満席に近いほど埋まりました.

 クラシックのコンサートといえば個人的には大編成のオーケストラによる交響曲などの方が好きで,室内楽の演奏会はあまり参加したことがないのですが,演奏者と観客との距離が非常に近いゆえに演奏者の一挙手一投足や息遣いまでが手に取るようにわかるこのような演奏会も,非常に新鮮でした.

 思い起こせば私も学生時代に混声合唱団の一員として活動し,年に1回の定期演奏会を目標に練習に励みました.
 会場として使っていた岐阜市民会館の大ホールは1000人以上も収容できるのですが,会場費はもちろん,チラシやパンフレットに広告を出してくれるスポンサーを集めるために,近所の店舗やOBがいる医療機関をまわったり,集客のために東奔西走したのはよい思い出です.特に私がチーフコンダクターをつとめていた時は,責任も重大で大変でした.
 いよいよ演奏会が始まってゆっくりと緞帳が上がったとき,観客で満席の会場が舞台から見えたときは心から安堵したのを,昨日のことのように覚えています.
 そして演奏会が無事終わったあと,打ち上げコンパで飲んだビールの味,そして皆で肩を組んで歌いながら流した涙は,決して忘れることはできません.皆で苦労を重ねてひとつのものを作り上げ,多くの人々に披露する機会を持てたことは,私にとって何物にも替え難い素晴らしい経験となりました.

 むろん私の経験などアマチュアのクラブ活動の楽しい思い出にすぎませんが,プロの音楽家の卵である彼女たちには,今後ますます活躍の幅を広げて,日本の音楽界を盛り上げていくような素晴らしい人材になってほしいと思います.
mayu1
スポンサーサイト



comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://ohkado.blog25.fc2.com/tb.php/216-d0126996
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です.
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード