Dr.OHKADO's Blog

. 風邪あれこれ

10月もいよいよ終盤,秋も深まるにつれ,例年にたがわず風邪(かぜ)の患者さんも増えてきました.

 ところで,風邪が古今東西最もありふれた病気であることは間違いないでしょうが,ではいったい「風邪」とはどんな病気なのかと尋ねられると,答えに窮してしまう人も多いかもしれません.

 風邪,医学用語で「風邪症候群」や「急性上気道炎」といわれるものは,その名の通り「上気道(鼻腔・咽頭・喉頭)の炎症が起こり,咳・痰・鼻汁・咽頭痛・発熱・倦怠感などの症状がおこるもの」とされます.

 しかし,風邪と診断するには,癌や心臓病のように確定診断できるような特別な検査方法や診断基準があるわけではなく,咳や鼻汁といった症状や経過を踏まえ,肺炎などの重篤な病気を除外した上で,「風邪でしょう」と推測するわけです.
 だから患者さんに「風邪ですか?」と訊かれたときに「風邪です」と断言できる医師がいるなら,私からみればむしろ「すごい名医やな!」などとさえ思ってしまいます.

 ところで,風邪とはまったく無関係に見える症状なのに,なんでもかんでも風邪にしたがる患者さんもいます.
 その典型が,「おなかの風邪」.
 でもそんなものはありません.これは要するに急性胃炎や急性腸炎であり,その俗称でしょう.風邪をひいてそれが胃や腸に及んだと思う人もいるようですが,風邪を起こす病原体と胃腸の病気を起こす病原体は全く異なります.だから風邪をひいて下痢や腹痛がきたとしても,風邪で抵抗力が落ちて腸内の悪玉大腸菌が増えて下痢になった,というような可能性はあるにしても,直接の関係は全くないわけです.

 それから,これだけありふれた病気なのに,どうしていまだに理解されていないのか?と思うのが,「風邪ひいたので抗生物質を出してください」という患者さんのいかに多いことか!ということです.

 病原体を大きく分けると細菌(バクテリア)とウィルスに分けられますが,風邪を起こす病原体はほとんどがコロナウィルスやライノウィルスといったウィルスです.これらをやっつける薬物,つまり抗生物質(抗ウィルス剤)は現時点では存在しません.
 通常の抗生物質は細菌をやっつけるものですから,風邪には全く効果がないわけです.

 もちろん,扁桃腺がひどく腫れたり高熱が出ている場合や肺炎や気管支炎になっている場合は,細菌も混合感染している場合も多く,この場合は抗生物質が効く,というよりむしろ必要な場合も多々あります.

 しかしほとんどの風邪には抗生物質は効かない,だから治療はあくまで対症療法,つまり症状を抑える薬を飲みながら,自然に治癒するのを待つだけというわけです.
 その上抗生物質を多用すると耐性菌が増えて,いざ必要な時に効かなくなってしまうという懸念もあります.

 患者さんの中には,1日も早く治したいので風邪に効く特効薬の注射をしてください,などという人もいますが,そういう要望には実際のところは困ってしまいます.そんなものがあれば私が知りたいくらいです.
 風邪に効く注射,などと銘打った注射を行っているクリニックもあるようですが,要はビタミン注射で,確かにエネルギー産生が活発になるので元気にはなりますし,私のクリニックでも適宜使いますが,それとて別に特効薬というわけではありません.

 でも,患者さんから「いつも抗生物質を飲んだり注射をしてもらうとたちどころに治る」なんて言われてしまうと,医者より経営者としての考えが頭をよぎり,あんまり拒否してクリニックに受診してもらえなくなるのも困りますので,実のところは「まあ,希望通りにしておこうかな」なんて建て前を優先してしまうことも多々あります(笑)

 でもこんな誤解は風邪に限ったことではありません.これだけ情報化社会になっても,たとえば「降圧剤を続けて飲むと認知症になる」とか「漢方薬は副作用がないが,長期に飲まないと効果がない」とか「コレステロールを下げすぎると癌になる」とか,間違った医学知識をかたくなに信じている人々がいかに多いかということを痛感する毎日です.

 話変わって,先日産業医をやっているある会社でインフルエンザや風邪の話のレクチャーをしていた時のこと,ある社員から,「風邪の原因がウィルスであるならば,なぜ他の病気やインフルエンザのようにそのウィルスをやっつける薬やワクチンが出来ないのか?」という質問を受けたのです.

 この素朴な疑問は,私とて今まで考えも及ばなかったものであり,思わずうーんとうなってしまいました.
 
 風邪はそれほど重篤な病気ではないからワクチンや特効薬を造っても売れないからか… はたまた,もしワクチンができて風邪という病気がこの世からなくなってしまったら,多くの医療機関がおまんまの食い上げになってしまうから,誰かが裏から手を回して邪魔しているのか…そんなことを本気で考えてしまいましたが,本当の答えはわかりません(笑) いずれにせよ,風邪の特効薬ができたら,ノーベル賞は間違いないでしょうね! 
 
スポンサーサイト
comments
24. Re: タイトルなし Dr.Ohkado さん
コメントありがとうございます.特に開業医は,ついつい経営のことを考えてしまい,疑問に思いながらも患者さんの要望に応えざるを得ないことが多いと多々感じます.患者さん本位の医療ってなんなのか…と考えてしまうこともありますが,それだけ日本の医療,そして日本の患者さんというのは恵まれている,悪く言えば贅沢に慣れてしまっているのかな,と思います(笑)
2012-11-11 22:01:29 | [編集]

23. ちゅんママ さん
お久しぶりです。毎回楽しみにしています。先生のblogを読みながら うんうん…と共感させていただきました。風邪=点滴 点滴をすると一発でなおるんです…と 夜間受診される患者様が多くいらっしゃいます。夜間だと またなくてすむとおっしゃいます。そういう患者様の殆どは 食事もとれ熱もなく 咳や鼻汁といった症状だけです。心では 食べれるのなら点滴はスポーツ飲料1本飲むのとおなじ…夜間だと 内服も1日分夜間診療で高くなるし と矛盾を感じながら点滴をしています。夜間は救急患者様のみ…食べれるのなら点滴は必要ない…とお伝えすると すぐ翌朝苦情が入る時代です。そんな 季節が今年もやってきましたね。
2012-11-05 22:53:50 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://ohkado.blog25.fc2.com/tb.php/180-386dc9f7
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です。
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード