Dr.OHKADO's Blog

. 極めて遺憾です…

 9月も終盤,ようやく残暑も終わり,少しずつ過ごしやすくなりました.
 
 クリニックの経営はまあまあ順調ですが,何と言っても当院自慢の(!)スタッフの力に負うところが多く,最近は彼女たちへのねぎらいとお互いの親睦の意味も兼ねて,2か月に1回くらい食事会をするようにしています.
 先日は向かいのANAクラウンプラザホテルの階下にある,伊勢海老専門の料理店「中納言」で,ちょっと贅沢なランチを堪能し,皆とても喜んでくれました.
 
 さて,ある患者さんと医師との会話です.
  患者 「先生,この病気はどうやって治療していくのでしょうか?」
  医師 「適切な治療を,全身全霊を尽くして行います」
 この患者さん,結局手術となりましたが,手術が予想外に長引き,心配する家族に対して看護師が説明します.
  家族 「手術は順調に進んでいるのでしょうか?」
  看護師「粛々と進めています」
 でも残念ながら予想外の合併症が起きて,残念な結果となってしまいました.
  家族 「手術ミスではないのですか?」
  医師 「想定外でした」
 きちんとした説明をしてくれない医師に対して,家族が訴訟を考えています.
  医師 「極めて遺憾です.お互い戦略的互恵関係を作れるように解決したいと思います」
 しかしついに訴訟になってしまいまい,病院にはマスコミの記者が殺到します.
  記者 「今回の件,病院側としてはどのように対処されますか?」
  病院 「訴状をみていないのでコメントできませんが,冷静かつ毅然として対処いたします」

 もちろんフィクションですが,どこかで聞いたことばがてんこ盛りだとおもいませんか?

 今,尖閣諸島や竹島の問題を巡って日中・日韓関係が大変なことになっています.
 私は,ここで政治的なことについて私見を述べることは差し控えますし,日本が尖閣諸島を独自の領土として国有化したことをどうこう言うつもりはありません.
 このような事態になってしまったのは本当に残念ですが,あらゆる観点から検討した結果,やはり日本の領土であることに間違いはないというのであれば,領有権を堂々と主張したらよいと思います.

 でも,私が気になるのは,政治家たちのものの言い方です.

 「反日デモが頻発していることは,極めて遺憾である」という,「遺憾」ということば…
 「国有化に対する中国の反応は想定外だった」という,「想定外」ということば…   
  これは,福島原発事故の時にも耳にタコができるほど聞かされました.
  
 日中関係をどうするのかと訊かれたら,バカの一つのように「戦略的互恵関係」という,一般庶民には今一つ理解不能な答え…
 「粛々と」とか「適切な」とか「冷静に」とか「毅然とした」というような,お決まりの副詞や形容詞の数々…

 もちろん,非常に微妙な問題がゆえに,間違っても一触即発のような事態になることは避けねばならず,「冷静沈着な判断,話し合い」が必要なのはいうまでもありませんし,一語一語が慎重にならざるを得ないのは理解できます.

 でも,こんな,木で鼻をくくったような態度で発せられる,無味乾燥かつ曖昧なお決まりのことばの羅列を聞かされていると,本当に問題解決をする気があるのだろうか?と訝ってしまうのは,私だけでしょうか?
 以前のブログでも述べましたが,なぜ彼らはいつも,まるで歯にものの挟まったような言い方しかできないのか? 心に響かないというか,言霊がこもっていないというか,これでまともなコミュニケーションが取れるのか?と思ってしまいます.

 もっともこういったお決まりの言葉を聞かされるのは,実はいつものことです.
 
 国や企業などが訴えられたとき,取材をしたマスコミに対して,必ずと言っていいほど使うことばが,「訴状を見ていないのでコメントできません」ということば. 
 でも,「そんな大変な事態になっているのに,訴状をみていないわけないやろ?」と突っ込みたくなります.
  
 それから,億単位の献金や贈賄を疑われながら,「記憶にございません」というようなことば.
 これでは,「自分は重度の認知症でございます」と言っているようなものです.

 もしも医療現場で冒頭のような対応がなされたらどうでしょうか?
 結末は,いわずもがなです. 

 もちろん私のような政治の素人に,国家の一大事について偉そうなことを言える資格はありませんし,「では,どう言えばいいのか?」と訊かれても困ってしまいます.
 ただ,石原都知事や橋下大阪知事のように,波紋を呼ぶことを覚悟ででもはっきりものをいうことがベストであるとは思わないものの,国家間の問題とて結局は人と人との言葉のやり取り,もう少し何とかならないものかと思ってしまうのです.

 スケールは小さいですが,私も患者さんたちとの会話の中で,いかに彼等と心からの信頼関係を築けるかということを頭において,発する言葉ひとつひとつに魂をこめて話すようにしたく思っています.
スポンサーサイト
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://ohkado.blog25.fc2.com/tb.php/178-1186c2da
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です。
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード