FC2ブログ

Dr.OHKADO's Blog

. 命紡ぐ糸結び

 私は長年外科医として多くの手術に関わってきました.一般の人々には,手術というと極めて高度な医療技術という印象があるようです.もちろんどの手術も本を読めばすぐできるような簡単なものではありませんが,どんなに複雑な手術ではあっても,手術の手技そのものは,つまるところ切離(切ること)と縫合(縫うこと)と結紮(けっさつ:糸結び)の繰り返しです.

 この中でも,特に「結紮=糸結び」という手技は一番地味ではあるものの極めて重要で,実はこの巧拙が患者さんの運命を左右する場合さえあります.結紮の方法にも男結び,女結び,外科結び,片手結びなど種々あり,これらを駆使して決して緩まない結び目を作ることこそが極意でした.
 熟達した外科医が結紮をする手の動きは,見ていて芸術的といえるほど美しいものです.よくテレビドラマで手術の場面が出てきますが,結紮の手つきをみれば,素人すなわち俳優が演技をしているのか,手元だけプロすなわち本物の外科医が代役をやっているかがすぐ判ってしまいます.

 研修医になったばかりの頃は,手術に助手として手洗いできるだけで幸せでした.とはいっても新米の我々に何ができるわけでもなく,先輩には「アシスト(手伝い)なんかできなくてもいいけど,レジスト(反抗)だけはするなよ」などと言われたものでした.だから最初の頃の仕事は,もっぱら結紮でした.とはいえ手術の成否にかかわるような重要な部分を結紮させてもらえるわけではなく,手術の最後に皮膚を閉じる時の結紮が関の山でした.それでも我々にとっては勉強になり,なによりもその手術に自分の足跡を残せたという喜びでいっぱいでした.

 そして少しでも上に認められて次のステップに進めるようになるため,手術室で不要になった糸をもらってきては,暇さえあれば結紮の練習をしました.
 ナースステーションやICUにある椅子の取っ手や点滴台,チューブ類など,結べるところは片っ端から練習台となりました.1本の糸で何回も結紮を繰り返すと,結んだ糸の玉が連なって数珠のようになり,その数珠があちこちに,まるで七夕の短冊のように何本もぶらさがります.また,結紮する部位にいかに余分な力を加えずに結べるかということも重要なので,机の上においた鉛筆やペンをできるだけ動かさないようにして結ぶ練習もしました.

 でも我々がルーズにもそれをいつも捨てずにそのままにしているので,よく看護師さんたちに「もう,先生たちは…!ちゃんと片付けてくださいよ!」と怒られたのも懐かしい思い出です.

 心臓血管外科に転向してからは,結紮の方法もより高度なものを要求されました.胃や腸のように腹腔内にぶら下がるように位置している臓器は,ある程度その位置を手元に移動させて手術操作を行うことができます.しかし心臓や肺は,肋骨や胸骨でできた硬い胸郭の奥深くにしっかり固定されており,臓器自体の位置を動かすことはできません.

 つまり必然的に手術は,さながら深い井戸の中で行うようなものとなります.ですからセッ子やハサミといった手術器具もすべてそれに適した長さや形状のものが開発されており,結紮も奥深くで行うことが要求されます.狭くて深いところに,手の指を可能な限り伸ばして入れて糸を結ぶのですが,何せ相手は血液が常時流れている心臓や血管で,しかも拍動している状況で行うことも要求されます.よって万が一失敗すると組織がちぎれて大出血を起こし,時には死につながることさえ少なくありません.

 また心臓血管外科の手術では,このような理由に加え,ヘパリンという血液凝固を抑える薬剤を使用するため,術中や術後の出血は必然的に多くなります.そのため,術後に出血が止まらず,再び胸を開けて止血することも時々あり,そして残念ながら結紮のまずさが一因のこともあるのも事実です.

 仙台の病院にいたころ,ある患者さんの術後出血があまりにも多いので,手術後2時間くらいしてから手術室に戻りました.果たして問題の出血部位は,切開した左心房の壁の中を走る動脈の断端からでした.これは左心房を閉める時に気づいていればきちんと結紮できていたはずでしたので,それを見逃した私のミスでした.
 幸い患者さんは元気に退院されましたが,おかげで上司のS先生には,「これからこの動脈は先生の名前をとって「おおか動脈」と呼ぶことにしようか(笑)」などと揶揄されてしまいました.

 開業してからは,手術といえばもっぱら下肢静脈瘤の日帰り手術です.手術の規模としては心臓の手術などと比べるべくもないのですが,患者さんにとっては大事な手術であり,しかも日帰りのため帰宅後に出血するというようなことがあってはなりません.したがって血管1本1本を結紮する時も,いつも心残りのないように心をこめて最良の結紮をするように心がけています.
 
 そう,たかが結紮,されど結紮なのです.
 
 
スポンサーサイト



comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://ohkado.blog25.fc2.com/tb.php/139-35df5025
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です.
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード