FC2ブログ

Dr.OHKADO's Blog

. いつでもエンドルフィンを

 今年も残すところ10日足らずとなってしまいました.クリニックも昨年同様,年末駆け込みで受診される患者さんが増えて多忙です.

 昨日はクリニックの忘年会でした.味の良いことで有名な「きらく」という焼肉屋で,かみさんも含めてスタッフ全員で本当に楽しいひとときを過ごしました.その後は有志で三宮に繰り出して二次会,今日は二日酔いで少し頭が痛いですが,楽しい時間を過ごせた後の心地よい疲れは決して嫌いではありません.

 さて,今年は俳優の藤田まこと,女優の池内淳子,作家の立松和平,司会者の玉置宏など,多くの有名人が鬼籍に入りましたが,残念ながら私の身近な所でも何人かが亡くなりました.
 合気道でずっと共に稽古していた,同じ医師であり登山家でもあったOさんは,この夏に生涯の念願であったエベレスト登頂を果たした後,下山途中で帰らぬ人となりました.処置室に飾ってある美しいヒマラヤの写真は彼の遺品となってしまいました.また同じ医局出身で医師としてのみならず人間的にも本当に素晴らしい人だったM先生は,まだ小さなお子さんたちを残して膵臓がんに倒れ,かつての勤務先で大変お世話になった同年代の女医であるH先生も肺癌に倒れてしまいました.
 そして,クリニックに通院されていた患者さんの何人かも,病魔には勝てませんでした.

 医学の進歩によりいくら平均寿命が延びたとはいっても,死は避けて通ることはできません.
 私自身とて,50才を過ぎたころから,自分の老後,そしていずれ来りくる死というものを少しずつですが意識し始めました.特に自分と同年代の近しい人たちが亡くなるのに接するとなおさらです.

 ところで高齢の患者さんを診ていると,まだまだやり残したことがあるしもっと人生を楽しみたいから100歳まで,いやもっと生きたい,だから先生頼みますよ,などという人もいる一方,生きることに全く執着がなく,もう余命幾ばくもないからいつ死んでもよい,と通院されるたびに言われる方も多い.
 
 どちらの考え方も尊重されるべきで,他人がとやかくいう資格はありません.
 ただ,前者の方々に対しては,私の持てる知識と技術を駆使して一生懸命診療させていただければよいわけですが,後者のような方々に対しては,私自身が悩んでしまうことも少なくありません.というのも,生きることに執着しないと言いながらも,血液検査の結果を心配したりきちんと薬を飲んだりしていること,そして何よりも医療機関を受診していること自体が,やはり最低限の医療を望んでおり,決して全ての医療行為を拒否しているわけではないことを示しているからです.

 でもただ一ついえることは,以前のブログにも書いたように(09/11/23),生に対して執着される方もそうでない方も,最後まで元気でかつボケず,PPK(ピンピンコロリ)の結末を望んでおられるのは間違いないようです.
 避けられない老化やその先にある死に抗うことなど無駄な努力だと思う人が多いのは確かですが,それがたとえ不可避でも,見るも無残なよぼよぼのみすぼらしい姿,清潔感のない汚い姿になっても構わないなどと思っている人は,誰もいないのではないでしょうか.誰しも,せめて「生」を全うしている間は,少しでも心身ともに綺麗で快適でありたいと思っているのは間違いないようです.
 80歳をとうに超えたようなご高齢のご婦人が,スーツを着こなしていたり綺麗なマニキュアを塗っていたりするのを見ていると,特にそう思います.
 
 そして世間で盛んにいわれているアンチエイジングという言葉の意味は,ただ長生きさせるための手段ではなく,いかに美しく,快適に生涯を全うさせられるかということなのだと思います.

 ウィリアム・オスラーという有名な医師は,「人は血管とともに老いる」という言葉を残しましたが,老化をこれほど簡潔に言い表した表現を私は知りません,つまり皮膚や筋肉も含めてあらゆる臓器を栄養している血管の健康こそが最も重要であり,血管年齢という言葉の通り,動脈硬化の進行=老化といっても過言ではないということです.メタボの人が老けて見えるのはなんら不思議ではないというわけです.
 そういう意味では,私の専門である心臓や血管の病気の治療は,つまるところアンチエイジングそのものともいえます.

 私個人としても,やはりいつまでも心身共に若々しくいたいと思うのは例外ではありません.それに,自分の仕事が人々の健康を維持し回復させる仕事であるのに,自分が老けこんでいたら何の意味もない.
 幸い私は年齢のわりには若く見えるようで,ほとんどの初対面の方は,私が50代だというと信じられないといわれます.かみさんにはいつも「それは貫禄が全然ないからよ(笑)」とたしなめられてしまっていますが,最近は別にそれでも構わないと思うようになりました.
 食事や運動といったごくありきたりのことに加え,サプリも少しは飲んでいますが,やはりいつまでも色々なことに知的興味を持ち,何事にも常にpositiveであるよう心がけていること,仕事が楽しいと思えること,好きな音楽やドラマや映画に素直に感動できること,綺麗な女性と接するとすごく嬉しくなること(笑),クリニックのスタッフなどいつも若い人や女性たち(笑)と身近に接しておれること,妻や娘たちがいつも明るく家庭がそこそこ円満であることなど… いずれも脳内のエンドルフィンがすごく出ているのが判ります.

 今をときめくアイドルグループ,AKB48をプロデュースしている放送作家の秋元康氏は,私より2歳年上ですが,非常に若く見えます.その理由を訊かれた彼は,やはりいつも若くて明るい女の子たちと接していて,またクリエイティブな仕事をしているからだろうと自己分析していましたが,非常に納得させられました.
 
 齢を重ねるにつれ月日の経つのがますます速く感じるようになり,いっそう年齢を意識せざるを得ません.
 だからせっかく生きていくのであれば,いつまでも若々しく,motivationを失わず,おこがましいようですが患者さん達への見本でありたいとも思います.

 来年はクリニックをさらに発展させるべく,いろいろなことにチャレンジすることを計画しています.
 私が,家族が,そして支えてくれているスタッフたちが幸せであるように,positiveさを忘れずに,そして何よりも楽しくやっていければさらにエンドルフィンが出て最高だと思います.
スポンサーサイト



comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://ohkado.blog25.fc2.com/tb.php/124-9e0c8ffd
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です.
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード