神戸市中央区、新神戸駅近くの循環器科専門医が綴るブログです。
6月ももう数日で終わりです.季節がら当院のみならず内科系はどこの開業医も患者が少なくなるとのことですが,先日税理士さんからも,今は苦しい時期ですが何とかこの時期を乗り越えれば大丈夫です,と叱咤激励されました.
 今日は約2年前に神戸労災病院時代に手術をさせていただいた,ある患者さんが受診されました.なんと鹿児島県沖永良部島からです.鹿児島といってももうほとんど沖縄の近くの小さな島です.親戚がこちらに住んでおられるのと,向こうで心臓の手術が出来るような施設がないということなどの理由でこちらで手術を受けられ,私がたまたま担当医となったのが縁でした.非常に重篤な病気でほとんどイチかバチかのような状態での大変な手術で,奥様や親戚の方々も最悪の場合を覚悟されておられましたが,手術の効果と,なんと言ってもご本人とご家族の頑張りで経過は予想外に良好で非常に元気になられました.さらにその後わざわざ私のところに定期的に受診を続けてこられ,こちらが恐縮してしまうほどでした.
 久しぶりにお会いした今日も本当に元気そうでした.沖永良部はもう真夏で真っ黒に日焼けされておられ,毎日みなで楽しく焼酎で宴会をしているぐらい元気とのこと,奥様からは「先生,少しお酒を控えるように言ってくださいよ(笑)」と言われるほどでした.ご本人・奥様とも南国独特のおおらかなお人柄で,「先生のお陰で本当に元気になってよかった,先生は命の恩人です」とまで言ってくださり,医者冥利に尽きるとはまさにこのことでした.
 今の世の中,われわれ医師にとって決して働きやすい環境とは言えません.治療はうまく行って当たり前で,そうでなければ重箱の隅をつつくようにあら捜しをして,やれ情報開示だ,医療ミスだと騒ぎ立てる人たちも少なくありません.しかもこれを低俗なマスコミが医師だけをを悪者として偏った報道をするから始末が悪い.学校にとんでもない要求をつきつけるモラルの低下した親のことを「モンスターペアレント」というようですが,私はそれをもじってこういう人たちのことを「モンスターペイシャント(patient=患者)」と呼んでいます.以前私もひどい目にあったことが何回かありました.
 しかし今日の患者さんのように本当に素朴で,なんのてらいや飾り気もなく心からの感謝のことばをくださると,こちらも本当にほっとします.この殺伐とした世相の中で日本人が忘れてしまった大事な心,思いやりとか感謝の気持ちといった基本的道徳を教えてくださっているような感じさえしたのは,私だけではなくうちのスタッフ全員であったと思います.
スポンサーサイト

【2008/06/26 18:16】 | 日々是エッセイ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック