FC2ブログ

Dr.OHKADO's Blog

. 祈る思い

 クリニックを訪れる患者さんには,当院をかかりつけ医として下さっている方々も多く,私の専門領域はもちろん,それ以外の病気や健康全般のこと,果ては人生相談まで(笑)いろいろな相談を持ちかけられます.重大な疾患を早期に見つけられた時は,役目を果せてよかったとホッとします.しかし毎月のように診察していても,すべての病気が早期に発見できるわけではありません.
 最近は数人の患者さんが身体の不調を訴えられ,診療所レベルでは手に負えないため入院精査が必要と判断して近隣の病院に紹介しましたが,その中には,残念ながら既に進行ガンであったというような患者さんもおられます.

 女性患者のMさんは,当院に心疾患で毎月通院されておられ,つい2カ月ほど前までは非常に調子がよかったのにここ1カ月で急激な体重減少やしつこい腹痛をきたし,便秘や便の潜血反応がみられたため,大腸の悪性腫瘍を強く疑ってある病院に準緊急で紹介しました.
 はたしてそこで下された病名は,予想どおり大腸がん,しかもすでにかなり進行しており肝臓などへの転移も見られました.
 それを聞いた私はいてもたってもおられず,先日看護師とともに病室を訪れました.このような急激な経過をたどった場合はどうしようもないとはわかっていても,何とか早く発見してあげることができなかったのかと思い,本当に申し訳ない思いでいっぱいでしたが,彼女はそれに対して恨みごとをいうどころか,私たちの訪問に涙を流して喜んでくださいました.私たちが少し落ち込んでいるのを察した彼女は,看護師に「あなた,先生のところで看護師さんの制服着ているより私服のほうがもっと綺麗にみえるわねェ」などと悪戯っぽく笑っていました.

 彼女がいうには,自分の親や兄弟の多くも癌に罹患しており,いずれ自分が同じような病気になることは判っていた,だから驚きもしないとのことです.思わず私は彼女に,Mさんは達観しているんですねえ…と言ってしまいましたが彼女は即座に否定し,私はそんな愚問を投げかけてしまった自分の未熟さに恥ずかしくなりました.
 今はまだ食欲もあるし痛みも大したことはない,でも今後どうなるかを考えると本当は心細くて心細くて不安に違いありません.でもそんなことをおくびにもださず気丈に話されている姿には本当に頭が下がる思いで,私も看護師も思わず涙がこぼれそうになりました.

 ふだん自分が診ている患者さんが不治の病になってしまうというのは,たとえそれが自分の専門外であったり,あるいは自分に落ち度があるわけではないとは判っていても,やはり悲しいものです.
 私にできることは,彼女が治療の途中でくじけそうになった時,悩んだ時,こんな未熟者でもよければ少しでも相談相手になってあげられたらということです.私も看護師も24時間対応ですからネ!と明るく言って携帯電話の番号を教えたところ,本当に喜んでくださり,その上帰ろうとする私たちを病室の外まで出て見送ってくださいました.
 今はただ,彼女が癌に打ち勝ってまた元気な姿を見せてくれること,もしそれが無理でも最期まで少しでも痛みや苦しみがないこと,それを心から祈るのみです.
スポンサーサイト



comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://ohkado.blog25.fc2.com/tb.php/109-ad79e624
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です.
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード