神戸市中央区、新神戸駅近くの循環器科専門医が綴るブログです。
 新しい年が明けました.

 正月2日は,マニラの長女夫婦と東京の次女夫婦が我が家に集まってくれ,楽しいひと時を過ごせました.また4人とも公私ともに元気に充実した生活を楽しんでいる様子で安心しました.

 夜には三宮に繰り出して新年会を行なったのですが,なんとここで新年早々,人生初の貴重な経験をしました.

 初詣客で賑わう生田神社の少し南にあるビル5階の居酒屋に予約通り6時半に入店,乾杯のあと,一品目を楽しんでいた時です.いきなり非常ベルが鳴り響きました.店員曰く,ブレーカーが落ちたようなので安心してくださいとのことだったのでそのまま食事を続けていたのですが,またもや非常ベルの音.しかも少し焦げ臭い匂いが立ち込めて来たので,客も少しザワつき始めました.店員もバタバタと慌て出し,さすがにこれはおかしいと思っていたら,店の中に煙がどんどん立ち込めてくるではありませんか.
 この時点で,とうとう店員からすぐに避難してくださいとのこと,我々も他のお客さんたちに混じって避難口に向かいました.店の中には多くの客がいたようですが,幸い避難はスムーズに行われ,階下に降りて全員の無事を確認,安堵しました.上を見上げると我々のいた居酒屋の窓から煙が吹き出ており,ビルの周りには多くの人だかり,そして間もなく消防車がけたたましいサイレンを鳴らして数台集まってきて,辺り一帯は騒然となりました.

 この火事は,やはり我々がいた居酒屋の厨房から出火したことが原因であったとのことを直後にネットで知りましたが,幸い大きな火災には至らず,怪我人もいなかったようです.

 ちなみに「宴会難民」となった我が家でしたが,幸い近くに同じ様な他の店が見つかり,このびっくりするような出来事も酒の肴にしながら楽しい話しに花が咲きました.

 正月早々火事に会うなど運が悪いと言ってしまえばそれまでですが,貴重な経験を誰一人として傷つくことなく出来ましたし,日頃から避難路などはきちんと確認しておいた方がいいということを身を以て感じられたとポジティブに考えたいと思います.

 翌日,店の責任者が謝罪の電話をくれましたが,責任云々はともかくとして,兎にも角にもボヤ程度で済んだのは幸いでした.

 さて,今年はクリニック開院10周年,そして私もなんと還暦を迎えるという大きな節目の年になり,改めて身の引き締まる思いです.

 今年も,私や家族が,そして日本や世界の人々誰しもが少しでも平穏で幸せな日々を過ごせますように.


医師 ブログランキングへ

スポンサーサイト

【2018/01/10 00:07】 | 日々是エッセイ
トラックバック(0) |