Dr.OHKADO's Blog

. メンテナンスもまた楽し

  私はよく他人から,若くて元気に見えるといわれます.もう来年は還暦で,娘たちは2人とも結婚していていつ孫ができてもおかしくないと打ち明けると,これまた驚きの目で見られ,まだ四十台だと思っていたとか,そんなに大きな娘さんがいるとは思えなかった,と言われることも多々あります.
  おそらく老化のシンボルである白髪や顔のシミなどが少なくて,しかも体型も若い時とほとんど変わっていないからだと思います.
   また,じっとしていられない性格もあって1日中動き回っているので元気に見られるのでしょう.言い換えれば落ち着きや貫禄がないということなのですが(笑).

  しかし,そうは言っても加齢には抗えず,肉体には着実に老化の波が押し寄せているのは自分でもわかります.若い時よりは明らかに疲れやすくなりましたし,アルコールも調子に乗って飲み過ぎると翌日に残ります.もちろん老眼もとっくに来ていますし,子供の頃は博覧強記で周囲を驚かせた得意の記憶力も,今は見る影もありません.

  医療の驚異的な進歩により,人間の寿命はどんどん伸び,今やアンチエイジング産業が花盛りです.
 しかし,どんなに抗ったところで,老化は誰にも避けられません.白髪やシワが増え,目は霞み,耳は遠くなり,脚力や体力が弱り,腰や膝が痛くなり,頭の働きも鈍くなる,それが遅く来るか早く来るかだけです.
  癌をはじめとした多くの成人病も老化が原因と言っても過言ではありませんから,長生きすればするほど次々と病気が出て来るのは当たり前なのです.

  電化製品しかり,自動車しかり,建築物しかり,どんな優れたものでも,年月を経ればあちこち傷んできて故障が多くなる.だからメンテナンスや修理が欠かせません.
  人間の身体も同じです.臓器移植や再生医療が日進月歩の勢いとはいえ,ポンコツになった身体全部を取り替えるわけにはいかないので,メンテナンスが尚更重要になるわけです.

  ご高齢の患者さんの中には,失礼ながら加齢は誰にでも訪れるのだということを認めたがらない方々もおられます.もちろん,痛みや苦しみを訴えている患者さんに歳のせいだから我慢して下さいというだけでは医療の倫理に悖ります.
  けれども,どんなに高度な医療を施しても,少なくとも今の医学のレベルでは,決して若い時の身体に戻れるわけではありません.

  つまり,誰しも老化に抗うことはできないまでも,最期の時まで少しでも人生を快適に全うできるように,日々メンテナンスしながら,そしてあちこち傷んだ箇所を“修理”しながら,生きていくということなのです.

  中には,風邪ひとつひいたことはない,医者にかかったことなどないというご高齢の方もおられ,膨れ上がる医療費で国家財政さえ脅かされている昨今,拍手喝采ものですが,その人たちも日常生活では自分なりに様々に心身をメンテナンスされているかもしれません.

 私はといえば幸い今まで大病を患うこともなく,丈夫な身体に産んでくれた親には感謝しています.
たまに片頭痛が起こることや,もともと過敏性腸炎気味なので突然腹具合がわるくなることもありますが,うまく付き合っています.
 普段はある程度のサプリメントを飲んだり簡単なスキンケア,ヘアケアはしていますが,それほどストイックなことはしていませんし,やはり基本はバランスのとれた食事や良質な睡眠,適度な身体活動,ポジティブな心,そして何にでも好奇心や感動する心を持ち続けることだと思っています.
 
 長く続けている合気道は,心身の健康維持に大いに役立っていますが,多忙な中それだけでは足りないので,なるべく日常生活における身体活動を増やしています.
 例えば,朝のバス通勤は敢えて途中から降りて歩いたり,エレベーターではなくなるべく階段を使うようにしています.
 また仕事中にはマッスルトレーナーという片足1.5Kgの靴(東急ハンズで売っています)を履いて脚に負荷をかけていますし,歯磨きの数分間はヒマなので片足立ちをしたりスクワットをしています.もちろんタバコは吸いません.サックス演奏や語学その他の趣味は脳の活性化とメンタル面での健康に役立っていると感じます.

 医療を施す身として,自分の心身が不健康ではとても偉そうなことはいえません.今後いつまで元気にこの仕事を続けられるかはわかりませんが,患者さんたちにも恥ずかしくないように,メンテナンスを怠らないようにしたいと思います.

 まあ,偉そうなことを言っても,ときにはつい飲みすぎて二日酔いに見舞われたり,つい安きに流れてダラダラとカウチポテト状態になってしまっていることもありますけどね(笑)
 ただ,ストイックに頑張りすぎて途中で脱落してしまう患者さんも多いのをみていると,それくらいの「緩さ」もないと長続きしないのではないかと,自分で自分を納得させています(これまた笑)


医師 ブログランキングへ
スポンサーサイト
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です。
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード