Hola!(2)

 ゴールデンウィークのスペイン旅行は大変エキサイティングでしたが,旅の最後に予想外のことがおきました.

 旅行の帰路は,5月4日,バルセロナ午前10時5分発予定のパリ・ドゴール空港行きのエールフランス機に乗り,パリからやはりエールフランス機に乗り継いで翌5月5日(金)の午前8時(日本時間)に関空に到着の予定でしたので,その日は翌日からの診療に備えてゆっくり出来ると踏んでいました.

 ところが,出発時間が近づいても,なかなか正式な出発時間が表示されません.
不安になり出発ゲートに向かうと,案の定他にも日本人数組を含む多数の客がいて係員の前に列を作り,皆困った様子です.

 係員に状況を訊いたものの,乗り継ぎ便はパリに着いてからでないとわからない,場合によってはパリで一泊してもらわなければならないかもしれない,とのこと.お詫びにくれたのは空港内のミールクーポンのみ(笑)

 5月6日の診療をどうするかということが俎上に上がったため,事務のYくんに時差を気にしながら連絡し,休診にするか,代診を頼むかなど,今後の行動計画を話し合いました.

 ようやく離陸したのがすでに午後1時半過ぎ.ゲートでは列に並んでいたIさんという寝屋川在住の日本人と知り合いました.まだ弱冠26歳のビジネスマンである彼も,休みを利用してバルセロナに単身4泊で来ていたとのこと,良い連れが出来ました.

 3時間近く遅れてようやく出発した機内で今後のことをCAに相談したところ,パリに着いたらエールフランスのtransit counterで交渉するように,とのこと.不安をかかえたまま到着,巨大な空港の中をあちこち誘導され,ようやくエールフランスの出発ゲート近くにあるカウンターに到着.

 利用予定だった関空行きの便は,当然のことながらとっくに離陸しており,次の便を交渉しようとしましたが,なんとすぐ前に韓国からのツアー客,おそらく15人くらいが陣取っていました.添乗員と思しき若い女性が交渉していましたが,これだけたくさんの客を一度に乗せられる便がなかなか見つからないようで,カウンターの女性スタッフも苛立っているのがありありでした.しかもスタッフは彼女しかおらず,こちらとしてもどんどん時間が経過してしまい困るので,誰か他にこちらのケアをしてくれる人はいないのかと思わず尋ねましたが,順番なので後ろで待て,との機械的な返答のみ.

 結局,韓国人グループが一度に帰れる便は見つからずいったん保留となったようで,並ぶことかれこれ30分以上,ようやく我々の順になりましたが,代わりの便は約10時間遅れの午後11時半発,しかも到着は羽田で5月5日の午後6時,そこから午後8時半発の関空行きANAで乗り継いで,なんとか深夜に帰宅しました.

 土曜日の診療には間に合いましたが,連休明けの激混み状態は予想通りで,ヘロヘロでした.

 かつて米国に住んでいた時もそうですし,海外に行くたびに感じますが,こういった事態のとき,客に多大なる迷惑をかけたというresponsibility や,融通を効かせるというflexibility ,客に対するhospitalityとうのは,日本とは比べ物にならないほど低いと感じます.

 羽田に降り立ったとき,空港やANAのスタッフの「大変でしたね,お疲れ様でした」というような温かい言葉や笑顔に接したときは,今日のような不測の事態が起きからこそなおさら嬉しく,やはり自分は日本人なのだと思いました.
 
 日本にいると,誰しもこの素晴らしいhospitalityに慣れきってしまっていますが,良し悪しは別としてもそれほ決して世界標準なのではなく,有り難いものなのだということを再認識するべきだと思います.

 そしてもう一つ,こういった事態になったとき,何よりも頼りになるのは語学力,特に英語力であることを改めて痛感しました.もちろん,言葉が通じなくても最終的には何とかなるかもしれませんが,クレームや自分の希望をしっかり伝えるためには喋れなければ相手にされませんし,きちんと喋れれば交渉のテーブルについてくれます.

 この旅行,楽しい思い出とともに,色々な大事なことを再認識させてくれるよい機会となりました.

 さて,今度はどこへ行こうかな(笑)


医師 ブログランキングへ


スポンサーサイト

Hola!

 このゴールデンウイーク,かみさんと,スペインに5泊の旅をして来ました.

 マドリッドでは,世界三大美術館の一つと言われるプラド美術館で,エルグレコやゴヤといった絵画の巨匠の作品を堪能,巨大なマドリッド王宮では,豪華絢爛な装飾品に,かつてこの国が太陽の沈まぬ国として君臨していた頃の国力とロマンを感じました.

 初めてみた闘牛は,最近動物愛護団体から動物虐待として槍玉に挙げられているように残虐な一面もありますが,それでも独自の文化として脈々と受け継がれて欲しいと思いました.

 快適な乗り心地のスペイン版新幹線AVEで移動したバルセロナは,この国が世界に誇る天才建築家ガウディの傑作が町のあちこちに点在していますが,言わずと知れたサグラダファミリアは,完成まで数年に迫った教会本体の圧倒的な威容,外壁その他いたるところに施された精緻な宗教彫刻,荘厳な趣きを醸し出すステンドグラスの数々に,息を呑みました.

 バルセロナ郊外の山の上にある古いキリスト教の聖地,モンセラットにも出向き,多くの観光客に混じって1時間半も並んだ甲斐あって有名な黒いマリア像にもありがたく拝謁してきました.

 街のあちこちに点在するスペイン版居酒屋であるバルにも何軒か赴き,陽気なこの国の人たちの日常を垣間見ることができましたし,初めてみたフラメンコショーも,想像以上の激しい動きに度肝を抜かれました.

 そして何よりも私にとって印象的だったのは,名所旧跡だけではなく,やはりヨーロッパ特有の街づくりの姿です.

 イタリアなどと同様,市の条例で昔の建物の外観を変えることが制限されており,あらゆる施設が,古い時代の見事な彫刻や色彩の豊かな外壁をそのまま残して使い続けられているため,美しい街並みは見ごたえがあります.
 日本は木像建築が多く火災や地震で失われやすいため同じ俎上で議論するのは無理があるとはいえ,それでも人々が心豊かに暮らせるような落ち着いた街づくりや景観保存という点では見習うべきことが多いのは確かでしょう.

 街路に関してもしかりで,たとえばバルセロナ市街の目抜き通りであるグラシア(Garcia)通り 〜カタルーニャ(Catalunya)広場〜ランブラス(Ramblas)通りにかけては,景観はもちろん,市民の憩いの場所となるように工夫された作りは見事というほかありません.

高級ブティック店などが立ち並ぶ新市街のグラシア通りは,歩道の幅が三車線分くらいあろうかと思われるほど広く,行き交う車を気にせず散策できます.
 一方バルやレストラン,雑貨店,土産物屋など,庶民的な店が多い旧市街のランブラス通りは,道路の真ん中に存分な幅で設けられた遊歩道には,美しい街路樹の下にオープンカフェや屋台のような様々な店々が軒を並べており,人々の憩いの場所になっています.両端の歩道はグラシア通りほど広くありませんが,遊歩道との間にある車道は両側とも1車線,一方通行に制限されています.

 両者とも,街の目抜き通りではあるけれどもあくまで主役は歩行者,観光客であるというコンセプトを感じました.

 さらに,ランブラス通りの東に広がる旧市街は,京都のごとく計画的に碁盤目状に作られた新市街とは対照的に,昔ながらの狭い路地が複雑に入り組んでいる地域で,さながらベネチアに似ていますが,隠れた名店や小さなバルの数々が散策を楽しませますし,この地域のシンボルともいえる教会堂(Catedral)周辺の大きな広場も多くの市民の憩いの場所となっていました.この地域を散策していると,ふと自分が中世ヨーロッパにでもタイムスリップしたような感じにさえなります.

 今や年間の観光客数がうなぎのぼりで昨年には二千万人を超えた日本にも諸外国にない素晴らしいものが幾多もありますが,ヨーロッパのこんな良い点も取り入れていけば,観光立国としてさらに磨きがかかるに違いありません.

プラド美術館
マドリッド:プラド美術館(クリックで拡大)

サグラダファミリア - コピー
バルセロナ:サグラダファミリア(クリックで拡大)

スペイン写真
左上:マドリッドの大通り,右上:バルセロナ旧市街,左下:バルセロナ・ランブラス通り,右下:バルセロナ・グラシア通り(クリックで拡大)

*タイトルは,スペイン語の「こんにちは!」,英語での「Hi!」です.


医師 ブログランキングへ