常識のウソ

 先日の午後,当院の入っている神戸芸術センタービルの6階にあるふきあい文化センター主催の健康セミナーの講師として,市民の皆さん向けに講演をさせていただく機会に恵まれました.

 通常の健康セミナーでありがちな,心臓病とか高血圧とか,病気に絞ったテーマもあまり面白みがないので,少し変わった趣向で,「医療における常識のウソ」という題名で講演をしました.

 このブログにもさんざん書いてきましたが,メディアやインターネットの驚異的な進歩により,ありとあらゆる情報が洪水のごとく氾濫している昨今,自分にとって本当に必要で有益な,そして何よりも正しい情報をその中から選択することは,極めて容易ならざる事態になっています.
 特に医療情報は,自身や家族の健康にかかわることだけにより深刻です.

 講演では,私の長年の医師生活で培ってきた経験をもとに,巷にあふれる医療に関する情報とどう対峙していくかということをテーマに,「医療の常識」とされていることの中には実は「ウソ」の情報があまりにも多いという意味で,このようなタイトルにして,市民の皆さんへの啓蒙の意味も込めて,面白おかしく(けっこう笑い声も聞こえたので,まあまあウケたと思うのですが(笑)),講演いたしました.
 内容としては,「風邪の常識のウソ:風邪には抗生物質は効かないし特効薬もない」,「腫瘍マーカーのウソ:腫瘍マーカーは癌の早期発見には役立たない」,「ヒアルロン酸のウソ:ヒアルロン酸やグルコサミンをいくら飲んでも,吸収されるときに分解されてしまうので,いくら飲んでも膝がよくなるはずはない」,「サプリメントのウソ:サプリは安全で副作用のないというのはウソ」など,18項目ほど,目からウロコとなるような?話をいたしました.

 当院の患者さんたちも駆けつけて下さり,評判はおおむね良好でしたが,中には「難しかった」とか「少し早口すぎた」などという助言も下さった方もおられ,今後の反省点となりました.

 このような貴重な機会を設けて下さったふきあい文化センターのUさんはじめスタッフの方々,参加してくださった方々にこの場を借りて御礼申し上げます.


医師 ブログランキングへ


スポンサーサイト

一期一会

 今年も美しい桜の季節が終わって,もうすぐゴールデンウイーク,気候もよく過ごしやしい日々が続いています.

 この季節,当院の患者さんたちの中にも,卒業,就職,転居と,節目を迎える方々が多々おられます.
福岡から単身赴任で神戸に来られて,クリニックのオープンの頃から通院されていた,私と同世代のKさん,定年を迎えて今春ご家族の元に帰られることになりました.単身なので健康維持には尚のこと気をつけられていたようで,少しでもお役に立てたならば幸いですし,人生の後半,奥様始めご家族と久しぶりの生活を楽しまれれば,と我が事のように思います.

 もともと東京は中野のご出身で,ご主人さんと神戸に来られていた,チャキチャキの東京弁を話される年配のNさん,この方もクリニックのオープン以来,高血圧や喘息など持病の治療のため,当院を贔屓にしてくださっていましたが,このたび中野に戻られることになりました.
 彼女には,仙台時代に共に働いていた優秀な循環器内科医のH先生の現在の勤務先がご自宅に近かったので,紹介させていただきました.東京でも,ご主人さんと,仲良く余生を楽しまれればと思います.

 そして,逆に今春から神戸に赴任されたり転居されてきた方々も多数おられます.
医療機関のひしめくこの地域で,わざわざ当院を選んでくださったことに心から感謝し,このご縁を大切にし,彼らの健康維持,そして時には人生相談(笑)に少しでもお役に立てればと思います.

 医師というのは一生の間に数え切れないほどの患者さんと出会います.
 風邪や怪我で一度来られただけの方,私のオペにより元気になられた方,一生懸命に治療をしたけれども残念な結果になってしまった方,私をかかりつけ医師として信頼してくださっている方,慢性疾患で何年も通院されている方,等々,形は様々ですが,どの出会いも一期一会と思い,大切にしていきたいと思います.


医師 ブログランキングへ