麗(うるわ)しの島

    先月起こった熊本地震からすでに三週間以上が経過しましたが,まだまだ余震が散発し,多くの避難者の方々が不自由な生活を強いられているそうです.
  私も少しでも足しになればと思い,少しばかりですが寄付をさせていただきました.
  九州の方々にとっては,時期が時期だけに観光地としても大打撃だとは思いますが,一日も早い地域の復興と人々の平穏な生活の回復を願うばかりです.

  私はといえば,このゴールデンウィーク,かみさんと次女とで2泊3日で台北に旅行してきました.

  夜に訪れた代表的な観光名所,九份は雨が多いと聞いていましたが,幸い天気も素晴らしく,レトロで幻想的な雰囲気に満ち溢れた街並みには,不思議な感覚を味わえました.
  その他,饒河夜市,故宮博物院,永康街,迪化街,タイペイ101などを訪れ,発展目覚ましい近代的な大都市としての一面と,庶民の息吹を感じられるアジアらしい街並みとしての一面を,両方垣間見ることが出来ました.
  小籠包,豆花,台湾茶などの食はもちろん,有名な足つぼマッサージももれなく堪能したのは勿論です(笑)

  現地では,以前からの知り合いで台湾の実家に帰国されていたNさんと会い,地元でも有名な海鮮料理店で楽しい食事のひと時を過ごせました.わざわざ時間を作っていただいたNさんには感謝しています.

  交通手段で多用した,市内に縦横に張り巡らされた地下鉄(MRT)は,運行本数の多さ,安い料金,駅や車内の清潔さ,わかりやすい案内板など,日本の交通機関に全く引けを取らないほど洗練されています.

  言葉については,親日国であることと,かつて日本の植民地であったため,日本語が喋れる人が多いとは聞いていましたが,何よりもホテルはもちろん一般の多くの商店や施設でも日本語がある程度通じることに改めて驚きました.
 ただ,タクシーなどではあまり日本語が通じないこともあり,以前から少しずつ勉強してきていた中国語が結構役に立ちました.

  観光立国として多くの外国人を受け入れていこうとしている日本は,外国人が来た時に英語や中国語でどれだけ対応出来るでしようか?オリンピックを4年後に控え,見習うところが多々あるようです.

  自分の知らない世界を垣間見る事の出来る旅はいつも好奇心をくすぐり,人生を豊かにしてくれると常々感じます.
  さて,今度はどんな旅に出ようか?できれば九州方面へ旅行して,少しでも観光面での復興の一助となれれば,なんて思います.



九份 夜の九份,有名な茶芸館


台湾スナップ Nさんとのスナップ


医師 ブログランキングへ



スポンサーサイト