Dr.OHKADO's Blog

. “副”鍛えれば,福来たる

 日常診療で多くの患者さんたちを診ていると,頭痛やめまいがする,イライラする,気分が優れない,動悸がする,疲れやすい,寝汗をかきやすい,下痢や便秘になりやすいなど,実に様々な症状を一度に訴えるような人が結構多くいます.

 これらの症状は,風邪や高血圧といった単純な病名では説明できないことが多いため診断に苦慮し,医者泣かせです.色々と検査をしても説明がつかなければ,心療内科のお世話になったり,除外診断的に更年期障害とか自律神経失調といった,症候群的な病名になるわけです.

 その自律神経失調という病名も実は結構あいまいな概念なのですが,要は,自律神経すなわち交感神経と副交感神経の活動が普段はバランスが取れているのに,そのバランスが崩れてしまった状態を指すようです.

 交感神経が活発になるとアドレナリンがたくさん出て,いわゆる戦闘モードに入ったり緊張している状態になり,心臓など生命に直結する臓器に血液が集まるため,血圧や脈拍や呼吸数が上がり,掌には汗をかき,気分が高揚,興奮します.
 逆に副交感神経は心身がリラックスした状態を作り出し,血圧や脈拍や呼吸数はもちろん低下し,休息や睡眠に適した状態にします.

 自律神経失調という病名はともかくとしても,この二つの自律神経のバランスの崩れ,とくに交感神経の過緊張状態が多くの病気の発症や増悪に関係している,言い換えれば,副交感神経を優位にすることがその予防につながるということは確かなようです.

 例えば,日本人の三大死因は癌,脳卒中,心筋梗塞ですが,副交感神経を優位にすると免疫細胞が賦活化し,活性酸素の発生を減らして癌の発生や進行を抑制してくれるということが証明されていますし,血圧や脈拍の安定は脳卒中,心筋梗塞の予防につながります.
  また副交感神経が活発だと消化器の働きが活発になり,消化や排便も良好となります.脳の興奮が抑制されて精神的にも安定するので,良質な睡眠が得られ,またストレスもうまく受け流せるというわけです.

 空前の健康ブームの昨今,数多の健康情報の中には怪しげなものも多々ありますが,副交感神経を優位にすることの有効性は医学的にもかなりエビデンスがあり,万病とまではいかなくても,かなりの多くの病気の予防に関係していることは間違いありません.

 ところで,昨今の殺人事件などをみると,そのきっかけたるや憎悪とか報復というのならまだしも,「むしゃくしゃしていた」とか,「イライラして,腹が立った」とか「カッとなった」とか,あまりにも単純な理由で見ず知らずの人を殺してしまうような例が多く,唖然とさせられます.
 誰でも怒ること,腹が立つことはあるでしょうが,通常はそれが過剰な反応にならないように副交感神経が働いているのに,最近は,交感神経の暴走を止められない人がなぜか多いようです.

 その原因が核家族化とか貧困といった社会的環境にあるのか,飽食の時代の副産物としての食生活の乱れや運動不足にあるのか…?はっきりとした答えはないでしょうが,いずれにしても広い意味で自律神経のバランスの狂った人が増えた感が否めません.

 合気道でも,余分な力を抜いて臍下の一点に心を鎮めてリラックスするように教えられますし,実際そうしないと技はかかりません.私の師匠は直接そんなことは言いませんが,おそらく医学的には副交感神経を優位にすることと同様であろうと思います.
 武道といえば,闘争心を燃えたぎらせ,アドレナリンを出しまくって相手を倒すというイメージが強いようですが,肉体的な力だけに頼らないという意味では合気道は少し異質で,「和の武道」といわれる所以です.

 いずれにせよ,いつも心を穏やかにしてリラックスさせ,美しい音楽を聴いたり,好きな人と楽しい時間を過ごしたり,美味しいものを食べたり飲んだり,ゆっくり入浴したり,笑顔を絶やさないようにしたりして副交感神経の活動を高めるように心掛けることこそが,心身ともに健康な生活を送るためのキーワードであることは間違いなさそうです.

‥‥なんて,エラそうなこと言ってても,私とてやっぱり平常心を失ってイライラしてしまうようなことも数知れず,まだまた修行が足りないなあ,と思う毎日です(笑)


スポンサーサイト
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です。
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード