Dr.OHKADO's Blog

. 心を持った生き物

 はやいもので10月も半ばです.クリニックでは15日からインフルエンザの予防接種を開始しましたが,さっそく何人かの患者さんが接種を受けられました.これから年末にかけては忙しくなりそうです.

 さて先日,情報処理学会が作ったコンピューター将棋システムが,ついに清水女流王将を下したとのことです.日進月歩で進化するコンピューターが数年前ついにチェスの王者に勝利し,より複雑な将棋でも人間に勝つのは時間の問題といわれていましたが,まさに現実となった瞬間でした.

 一方,今年5月には,現役最年長のプロ棋士,有吉道夫9段が,74歳でついに現役を引退したそうです.世代交代のうねりは大きく,数年前には引退の危機に追い込まれましたが,勝負への執念を持ち続け,逆に自分の孫のような若い棋士たちに教えを乞い,その後も現役をしばらく続けたとのことです.

 私はこの2つのニュースを見た時,何かとても考えさせられるものがありました.

 将棋は,いかに多くの手をいかに先まで読むかの勝負です.駒の動きが複雑な将棋の局面の数はほぼ無限といわれますが,昨今のコンピューターの進歩は驚異的で,人間がいくら努力しても,その能力を超える日が来たのもなんら不思議ではないでしょう.
 いっそのこと,いろいろなスポーツ,たとえば短距離も水泳もサッカーも全部それ専用のロボットを作ってはどうか?昨今のロボット技術の進歩を持ってすれば,人間より早く走ったり,泳いだり,ボールを遠くに正確に蹴ったりするロボットが現れるのもそう遠い未来のことではないでしょう.きっと人間など勝負にならない日がくるに違いありません.
 
 でもコンピューターやロボットが行う勝負を見て,その性能に驚愕することはあっても,おそらくそれ以上の感銘を受けることはないでしょう,それは機械には所詮「血が通っていない」からです.

 私たちが将棋や囲碁のプロの対局や,一流のスポーツ選手の試合に感銘を受けるのは,彼等が,「血の通った人間」だからです.
 人間は勝負や試合に臨むために血のにじむような努力をし,様々な葛藤や不安と闘う.磨き上げた技術のみならず,心や精神の状態がその勝敗に大きく影響する.それでも勝負は時の運,勝つこともあれば負けることもある.
 見ている我々は,勝負に臨む人間のそんな側面にも思いを巡らせるからこそ,大きな感銘を受けるのです.有吉9段の人生が人の心を打つのも同じことです.

 さて,昨今の医療の進歩も例外ではなく,次から次へと新しい診断機器や治療技術が出現し,我々現役の医師でもその進歩について行くのは大変です.
 たとえば私が医師になった頃に普及し始めたCTスキャンは,解像度もそれほど十分ではありませんでした.しかし今やCTは精緻な3次元画像を得られるまで進化,さらにはMRI, PETと画像診断の進歩は信じられないほどで,その他多くの診断技術の進歩も周知のとおりです.

 医師は本来,自分の知識と経験と,聴診器に代表されるように五感を総動員して,それこそ将棋の駒を動かすようにして病気の診断に至るのですが,皮肉なことにこれら診断機器の驚異的進歩は,こういった過程を無用なものとさえしている感があります.

 若い医師たちも,地味な聴診の技術よりも,はるかに多くの情報を得られる心臓エコー検査の技術の習得に余念がないと,研修医の指導をしている友人が嘆いていました.確かにそれはある意味仕方のないことなのかもしれません.

 ならばいっそのこと,あらゆる病気を診断,治療できるロボットを開発し,病院に受診したら,自動車を車検にだすように,そのロボットその他の高度な医療機器に全てまかせたらどうか?
 実際今の医療技術の進歩をみていると,近い将来そんなことが可能になるかもしれません.人件費も浮くし,医療ミスもきっと激減すること請け合いです.
 
 でも,おそらくそんなことは誰も望まないでしょう.それは,たとえ医学がどんなに進歩しても,私たちは自動車や電化製品のような機械ではない,心を持った人間だからです.
 一昔前には不治の病といわれていたような多くの病気も治るようになったのは素晴らしいことです.でもやはり人間はやはり心を持った人間に診てほしい.丁寧に診察をしてもらい,丁寧に聴診器をあてて,心の通った診察をしてほしい… 社会が殺伐として心の通った人間関係が希薄になってしまった今だからこそ,病人という弱者になった人々は,なおいっそうの心の癒しを求めているのでしょう.

 医療が進歩すればするほど,実は誰もがそういったごく当たり前のことを望んでいる,そして我々医療従事者もそれを肝に銘じる必要があると思います.

 
スポンサーサイト

. 引き際の美学

 先日,日本の女子柔道家,谷本歩美選手が引退しました.今後は後進の育成に力を注ぎたいとのこと,晴々とした笑顔でインタビューに答えていたのが印象的でした.

 彼女はアテネオリンピック,北京オリンピックの女子63Kg級を連覇,それもすべての試合でオール一本勝ちしたという輝かしい実績を残したのは記憶に新しいところです.オリンピックで連覇した日本人は他にもいますが,世界の並み居る強豪を相手に全て一本勝ちしたのは彼女だけという事実からは,それがいかに困難なことであるかが判ります.

 北京オリンピックの決勝では,宿命のライバル,フランスのデコスと決勝戦で因縁の対決となりましたが,試合開始後約1分過ぎ,デコスがしかけた大内刈りをすかして,芸術的と言ってもいいほどの見事な内股をかけて投げ飛ばし,前人未到の偉業を成し遂げた時は,見ていた私も鳥肌が立つほど興奮し,胸に熱いものさえ込み上げました.

 今や柔道は世界的なスポーツとなりましたが,まともに組み合うことを避けたり,かけ逃げばかりする外国人が多いのをみて違和感を感じ始めていた私を含む多くの日本人は,日本柔道の真髄を見せてくれた彼女の柔道を見て溜飲を下げたことと思います.

 彼女の引退のきっかけは,怪我やモチベーションの低下によるとのことですが,いずれにしろ,一事にとことん打ち込んだ人間の引き際としてすがすがしさ,潔さに溢れ,どこまでも一本勝ちにこだわった彼女の柔道そのもののようでした.

 ところで女子柔道といえば,北京まで過去5回のオリンピックに出場して金メダル2個を含み全てメダルを獲得するという快挙を成し遂げた,あの谷亮子選手は今回どういうわけか「政治でも金」とのことで民主党から立候補し,これまた見事に当選しました.
 しかし一方で,なんと2年後のロンドンオリンピックにも出場を目指すとのこと,これにはさすがに多くの国民の顰蹙を買ってしまったようです.不世出の柔道家としてせっかく得た名声が,残念ながら汚されてしまったのではないかと感じたのは私だけではないでしょう.

 今まで柔道一筋で政治の世界などとは無縁であったはず,これから本当に政治の世界に身をおいて国民のために働くのであれば,どう考えても同時にオリンピックを目指す余裕などないはずです.それではオリンピックという,一握りのスポーツ選手にしか与えられない最高の舞台を目指して人生の全てを賭けて頑張っている人々に失礼ではないかと思うのは,私だけでしょうか?
 政治家とて限られた人間しかなれない職業なのですから,命を賭して頑張るくらいのことはしていただかないと困ります.いくら人並み外れた努力の人と称される彼女でも,さすがに二兎を得るのは無理があるのではないでしょうか?

 その政治家についても,今の多くの政治家を見ていると,国家や民のために粉骨砕身して働くというよりは,口を開けば選挙,選挙とかしましい.その選挙とて,小選挙区で審判を下されたのに比例で復活など,どう考えても庶民感情からかけ離れていることなのですが,そんな姑息な(というと叱られそうですが)手を使ってでも身を引かないのを見ていると,本当に見苦しくさえ感じ,潔い引き際とはおよそかけ離れているのではないかと思ってしまいます.

 では,かくいう私などはどうでしょうか?
 2年前,意を決して四半世紀にわたる勤務医生活を捨てて開業,医師であることに変わりはないのですが,これが内科医と違うところで,外科医にとってメスを捨てる(今でも少しは手術をしているものの)ことは,頭ではわかっていても全く未練がなかったいえばウソになります.

 開業が決まって,当時勤務していた神戸労災病院の院長に退職を打ち明けたとき,整形外科医でもあった先生は私の新しい船出を祝福してくださったものの,「先生,外科医が引退する時というのは寂しいものですよ.2年くらいは悩むかもしれませんネ」としみじみ話されました.
 もちろん開業医としての生活は,それなりに充実しており,経営も少しずつ安定してきたこのごろは,楽しくさえあります. 
 それでも,今でも時々,手術をしたり,手洗いをしている夢を時々みるのは,開業後2年以上経った今でさえ,そう簡単に未練が全くなくなっているわけではない証拠なのでしょう.

 人間というものは,新たに事を始めたり活躍したりすることよりも,実はそこから自分や周囲が納得できるような引き際を決めることの方がよほど困難なのかもしれません.
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です。
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード