Dr.OHKADO's Blog

. PPK?NNK?

 先日,日本を代表する大俳優の森繁久弥さんが96歳で大往生されました.死因は老衰だったとお聞きし,私は何か新鮮な感じを受けました.というのも最近は死亡原因のほとんどが癌や脳卒中,心筋梗塞などであり,老衰死の割合が極めて減少しているからです.
 どこかの大学の先生が,理想の人生の終末はPPK(ピンピンコロリ),でも最近は終末の多くはNNK(寝たきり寝たきり殺される)などと言っていました.皮肉たっぷりですが,本当に言い得て妙だと思います.

 以前勤務していた病院で,ある朝突然救急外来から呼び出されました.それは93歳の女性で,その日の早朝に起こった激しい呼吸困難と意識混濁で搬送されたとのこと,心臓超音波の所見はなんと心室中隔穿孔でした.急性心筋梗塞により左右の心室間にある壁が壊死して穴があいてしまう病気で,唯一の救命方法は手術ですが,それ自体も非常にリスクが高いことで有名です.
 
 私はすぐに他の医師たちとともにPCPS(経皮的人工心肺装置)を装着し,ICUに運び込みました.PCPSは心臓が非常に弱っていても全身の血液循環を維できる,いわば究極の生命維持装置で,重症な循環器疾患の治療に非常に貢献しています.
 さて彼女の全身状態はとりあえず落ち着いていましたが,超高齢である上,意識はまだ回復せず,瞳孔が少しずつ散大傾向にあるのが気がかりでした.ただでさえリスクの高いこの手術は年齢的にも極めて危険な上,何よりも意識が回復しなければ無意味でした.
 
 次々と訪れるご家族や親戚には,非常に厳しい状態と説明して納得していただきましたが,最後にかけつけたのはまだ20歳台とおぼしき3人の女のお孫さんたちでした.彼女たちは患者さんをよほど慕っていたのでしょう,突然のことに非常に動転しており,涙声で必死に「おばあちゃん,おばあちゃん!」と呼び続けていました.私は彼女たちにも同様の説明をしました.
 すると彼女たちが私に言うのです.「先生,それなら意識が戻れば手術をしてくださるんですか?」
 「それが第一条件です.でもそれで手術をしても助かる可能性は10%ぐらいだと思いますよ」
 「わかりました.でもおばあちゃんにはもっともっと長生きしてほしいんです!!」
 そしてその後30分ほども「おばあちゃん,おばあちゃん!」は続きましたが,無情にも彼女たちの願いは届かず,ほどなくして死亡宣告となりました.
 
 確かに3人のお孫さんたちには愛する祖母の死は突然の訃報であり,本当にお気の毒でした.まだ若い彼女たちには受け入れがたいことであったとも思います.しかし敢えて批判を恐れず私見を述べさせていただければ,患者さんは93歳という年齢までも長生きされ,それほど苦しまずにあっという間にお亡くなりになった,それはそれで大往生だったのではないか?と思うのです.
  
 一昔前ならば,高度な医療機器もなく,それほど苦しむ間もなく亡くなってしまうことがほとんどで,それはそれで大往生だったでしょう.しかし昨今の医学の進歩はそうはさせてくれなくなりました. PCPSも多くの命を救える画期的な装置ですが,心臓は助かっても結局植物状態になるようなケースも数え切れないほどあるのも事実です.
 PCPSを装着することについては,1%でも救命の可能性があればそれを使用することに批判をさしはさむ余地はないのは確かです.しかしたとえそうではあっても,それは結局自然の摂理に逆らっているだけなのではないか,医療を受ける権利は誰にも平等であるとはいえ,はたして90歳近くにもなった人にそれを使う意味があるのか?たとえ100歳でも?…私はそんな疑問を抱いてしまうことも多々ありました.
 みな本当はPPKの人生を送りたいと切に願っている,老衰といわずとも心筋梗塞か何かで「じいちゃん,朝起きたら冷たくなっていた」といううような最期を望んでいる,にも拘わらず実際にはその意思が反映されず,挙句の果てにはNNKになってしまうことも多いのではないか?そんな印象を受けます.

 私は,森繁久弥さんのような理想の終焉を迎えることが,現代の社会においては実はいかに困難なことか,ということをこの頃いつも感じています.
 
 

 
スポンサーサイト

. 針のくれた宝物

 クリニックでは月に数件の下肢静脈瘤の日帰り手術を行っています.この手術は神戸労災病院時代に数百件も経験してテクニックを習得したおかげで,開業してから当院の「売り」となっており,HPを見てはるばる遠方から来て下さる患者さんも多くいます.先日はなんとわざわざ徳島から男の患者さんが手術を受けに来られました.私と同年代のその患者さんは,私との出会いを,「不思議な強い縁が私をここへ呼んだようです」と言われ,私にもとても励みになる言葉でした.

 医師になって四半世紀,私は数え切れないほど多くの患者さんと接してきましたが,その中でも特に忘れられない患者さんも数多くいます.

 その患者さんは,私がある病院に勤務していた時に極めて重症の心臓病で入院されました.手術自体も大変危険でしたが,ご本人とご家族の強い希望で決行しました.幸い手術は無事終了し,術後経過も非常に良好で,病棟内歩行をされるまでに回復していました.

ところがある日,術後定期的に撮影していた胸部レントゲン写真の1枚を見た私は仰天しました.なんと心臓の右側に小さな縫合針が写っていたのです.手術直後ははっきりと写ってはいませんでしたが,術後心臓周囲の欝血が引いてくることにより,徐々に明瞭になってきたものと思われました.これはもちろん完全に,手術創を閉鎖した私のミスでした.非常に小さな針でしたので,放置してもまず問題はないと思われましたが,患者さんに話をしないわけにはいけませんし,その上で可能ならば摘出手術をする方がよいと思われました.

しかしそれよりも心配だったのは,このミスに対する患者さんやご家族の心情,そして私の責任問題でした.私は当時の上司にも相談し,患者さんとご家族を前に,緊張した面持ちで洗いざらい正直に話をして謝罪しました.その時は,もうどのような制裁を受けても致し方ないという気持ちでした.

 しかし謝罪しながら頭を下げた私に向かって発した患者さんや奥様の言葉は,意外なものでした.
「先生,先生は私の命を助けてくださいました.お医者さんだって人間ですよ,間違うことだってあります.私たちは先生に感謝しこそすれ,こんなことで恨んだり怒ったりするわけはありません.どうぞご心配なさらず,頭をお上げください.」

 その言葉を聞いた私が,彼等の心の寛大さ,暖かさに強く心打たれ,万感胸に迫る思いだったのは言うまでもありません.特に当時はいわゆるモンスターペイシャントたちに悩まされ,懸命に仕事をしても裏切られることが多々あったせいで私は心身共に疲弊しきっていましたので,なおさらでした.

 自分の部屋に帰った私は,溢れる涙を抑えることはできませんでした.責任問題にならなかったというようなちんけな安堵感では勿論なく,彼等の暖かい情に対する心からの感謝の気持ちが自然とそうさせたのでした.
 その後,針の摘出手術は無事終了し,しばらくして患者さんは無事退院して行かれました.その患者さんやご家族とは今でも交流があります.

 私はこの出来事を思い出すといつも心が和み,時には涙腺が緩みます.昨今何かにつけて自分の権利ばかりを主張する人間,隙あらば他人のあら探しばかりする人間の多い中,これほど寛大で情深い心の人々に巡り合えたことは,私の一生の宝といっても過言ではありません.私はこの患者さんやご家族が末永く幸せであることを心から願わざるを得ません.

. 人生への応援歌

 今年もとうとう残すところあと2カ月となりました.国内では新型インフルエンザが猛威をふるっており,総患者数は100万人を超えました.医療従事者である私やスタッフは先月末にやっと接種を受けられましたが,重症疾患を抱えた人々への接種は11月から始まると決定されたにも拘わらず,いまだにワクチンの入荷日や供給量がはっきりしない上,1回接種か2回接種かさえ決まっていません.患者さんたちも不安がっており,当方も大変困惑しています.いつもながらのお上の対応の遅さと,この国の危機管理レベルの低さにはあきれてしまいます.
 
 先日,山崎豊子の有名な長編小説が原作となった「沈まぬ太陽」という映画をみました.ベテラン俳優陣が世界中を舞台にしてロケを敢行したこの大作は,上映時間も3時間半にも及び,途中で10分の休憩まで挟まれていました.今世間を騒がせている日本航空(映画では「国民航空」と呼ばれていましたが)の実話を脚色したとのことです.
 渡辺謙扮するこの航空会社の一社員である主人公が,巨大組織のどろどろした人間模様と過酷な運命に翻弄されながらも,自分の信念を曲げぬがためにあえて厳しい試練の道を歩んでいくという,壮絶なまでの生き様を描いたこの映画は,本当に見ごたえを感じました.
 
ところでなぜ日本人は時代劇が好きなのでしょうか?水戸黄門にしろ遠山の金さんにしろ,結末は必ずお決まりのワンパターンなのに,なぜか引き込まれてみてしまう.助さん角さんが見せた印籠に悪代官たちが「ははーっ」とひれ伏した時,そして二の腕に彫られたあの桜吹雪の入れ墨を見せられた悪党たちが仰天する時,視聴者たちはえもいえぬ快感に浸り,一日の疲れも吹っ飛ぶほど満ち足りた気分になれるのです.
 日本人はもともと仁義礼智忠信孝悌という言葉に形容される精神性を持ちあわせた民族です.だから正しいこと,正義であることこそ報われてほしい,しかし現実はそうはいかず,無力な個人ではどうにもならないこともある…そんな欲求不満を,時代劇の見事なまでに単純化された勧善懲悪の場面が,すっきりと晴らしてくれるのでしょう.
 
 まじめに組織のためを思って働いた人間がなぜこれほど理不尽なまでの悲惨な目に逢わなければならないのか,未曾有の不景気でリストラや派遣切りが横行している昨今だけに,この映画を見た人たちは,ちっぽけな一人ひとりの人間にはどうしようもない会社という大きな組織に対して怒りと無力感とを覚えたに違いありません.それでも映画がラストに近づく頃ついに巨悪にメスが及んだ時,時代劇ではありませんが,少しは心の安堵を味わったのは私だけではないでしょう.誰かがこの映画を評して,人生への「応援歌」と書いてありましたが,言い得て妙でした.
 結局映画の主人公は,会社という組織ににいることに嫌気がさし,かつての左遷先であったアフリカの大地に自ら戻っていくところで映画が終わるのですが,人生とは何か,信念を突き通すとはどういうことなのか…,何か考えさせられるものがありました.
 この世の中,ややもすると時代の波に乗った者,上司や周囲にこびへつらう者,要領のいい者ばかりが成功し,正直者がばかを見ることがあまりにも多いと感じざるを得ません.所詮世の中とはそういうものだと言われればそれまでですが,そうはいっても,やはり努力した者,正直な者こそが最後には報われるような世の中であってほしいと思うのは私だけではないでしょう.

taiyo_wp01_normal.jpg
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です。
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード