Dr.OHKADO's Blog

. ウランバートル場所でもやれば?

 先日終わった大相撲五月場所では,千秋楽に大関日馬富士が横綱白鵬を破って初優勝しましたが,力の入った大一番に,客席からは大歓声があがっていました.

 それにしても最近の大相撲はここ数年どんどん外国人力士が増え,幕内力士42人のうち14人,小結以上の3役力士に限ると11人のうちなんと6人を占めています.今場所でも最後まで優勝争いに絡んだのは朝青竜,白鵬,日馬富士の3人のモンゴル出身力士で,日本人力士は全く蚊帳の外でした.このままだとモンゴル人を始めとする外国人力士がどんどん増えて,そのうち日本国内だけで本場所をやる理由もなくなり,いっそモンゴルの首都ウランバートル場所なんていうのが,冗談ではなく本当に開催されるようになるかもしれないなどとさえ思います.

 他のスポーツもそうですが,相撲は特に厳しい縦社会で,強くなるには地道な稽古と忍耐しかありません.それでもそれが日本人が古来有していた精神性にマッチしていたからこそ長きにわたり国技として続いてきたのでしょう.

 しかし昨今の日本社会と,特に若い世代の日本人にはこういった世界はもう受け入れられないのかも知れません.日本人にとって忍耐とか我慢といった言葉は死語になった感もあるような気がします.

 最近増加している,定職に就かず仕事を転々とする若い人たちが,「自分に合った仕事を探すため」とか,「今の会社では雑事ばかりさせられて自分の能力を発揮できない」などと言うのをしばしば聞きます.しかし仕事というのは本来大変なもの,すべてが楽しいとは限らないものであり,まず自分が組織のため,社会のために一生懸命働く,その過程を経て初めて他人に認めてもらえるというのが筋でしょう.そもそも雑用さえきちんとこなすこともできない人間が,どうして大事を成すことができるでしょうか?

 そしてさらに悪いことに少し怒られただけですぐにすねたり,辞めたりする,これはまさに甘えの構造そのものです.私が以前いた病院でも,少し厳しく指導すると挨拶もなしに次の日から来なくなった研修医がいました.こんな人間はその時点で医師としての資質はないと言ってよく,医師免許を剥奪されてもよいぐらいだと思います.
 鳥取県には最近まで学級委員の制度がなかったとのことですが,その理由が「選ばれなかった児童がかわいそうだから」という某人権団体のとんでもない主張を取り入れたというから驚きです.運動会のかけっこでびりになる子がかわいそうだから,最後に全員が手をつないでゴールするようにしているバカな(と敢えて言わせてもらいますが…)学校もあるかと思えば,親も親で,学芸会でなぜ自分の子供が主役でないのかと文句を言ったり,教師に少し怒られただけで暴力教師だと訴えたり,節操も何もあったものではありません.

 人間は本来能力には個人差があるもの,人生には逆境がつきもの,しかしそういったことを身を以て知り,それを努力や根性で乗り越えていく過程にこそ成長があり,その中で弱者に対する優しさや思いやりの精神も育まれていくわけです.

 にもかかわらず社会も親もこんなていたらくであるが故に,育った子供は些細なことさえ我慢のできない人間,ちょっとしたことで切れてしまう人間,挙句の果てには殺人さえ起こしてしまうような人間に育つのではないでしょうか.
 大げさと言われるかもしれませんが,私は大相撲の最近の番付は,日本人の暗澹たる未来を占っているのではないかとさえ思えてしまうのです.
スポンサーサイト

. 人類への試練

 1年前の5月1日にオープンしたクリニックもようやく1周年を迎えました.昨日はスタッフの慰労も兼ねて,1周年記念会を行いました.この1年,初めてのことばかりで毎日が戸惑いと苦労の連続でしたが,自分達の思いのこもったクリニックを一から作り上げていくというモチベーションがあったからこそここまでやってこれたのだと思います.スタッフや妻のみならず,支えてくれているすべての人々に感謝の気持ちでいっぱいです.

 さて,メキシコでの発生に端を発し今や世界数十カ国で蔓延している新型インフルエンザはついに日本でも患者が発生しました.昨日は海外渡航歴のない人からも発生し,テレビを見るたびに感染者数がどんどん増加しており,日本中が大騒ぎになっています.

 しかし何よりも驚いたのは,日本で初めて診断された海外渡航歴のない患者が,驚くべきことに私の住んでいる神戸市灘区,さらになんと娘たちの母校である神戸高校の生徒であったとのことです.これはまさに青天の霹靂以外の何物でもありませんでした.今まで宝くじはおろか年賀はがきの記念切手以上でさえほとんど当たったことがないというのに,何の因果で,広いこの国の中で私の住んでいるところが選ばれたのか?偶然とは思えない,何か空恐ろしいものさえ感じます.

 新型インフルエンザが発生して以来クリニックにも医師会関係から毎日のようにメールやファクスを通して情報が送られて来ますが,いろいろな情報が錯綜していて,それらしい患者さんがもし受診してしまったら結局どないせえっちゅうんや?という感じでしたが,まさか地元神戸で発生するとは誰も予想していなかったというのが正直なところでしょう. 

 そんなわけで今週から神戸市や大阪府の一部では学校がしばらく休校になるそうで,神戸祭りも中止,私のやっている合気道の稽古も本日は体育館が臨時休館となり,中止となってしまいました.午後にでかけた家電量販店やスーパーマーケットでは,いつもよりはるかに空いており,職員はもちろん客の多くもマスクを着用しており,何か異様な光景でした.

 世界的に景気が低迷している中,政府は高速道路の料金値下げだの定額給付金だの省エネ家電購入時のエコポイント導入だのと,選挙対策の思惑も絡んで景気対策に躍起になっていますが,今回の新型インフルエンザの国内発生はそれに水を差すかのようなタイミングで起こったと感じざるを得ません.

 人類が近代文明を作りげたここ100年そこそこの間にも,スペインかぜのようなインフルエンザのみならず,結核,最近ではエイズなど,数々の疾病が次々と現れ,そのたびに多くの人命が失われてきました.今回の新型インフルエンザは幸い弱毒性で,適切な治療さえ行えばそれほど重症化しないよですが,それでも今後鳥インフルエンザのような強毒性のインフルエンザがいつ発生してもおかしくないといわれています.

 人類の歴史は病気との闘いの歴史でした.われわれはその叡智で医学や科学を驚異的に進歩させ次々と疾病を克服してきた反面,歴史に学ぶことなく,そのエゴイズムが故に,宗教や人種の違いというだけで性懲りもなく無意味で凄惨な殺戮を繰り返したり,自然に対する畏怖の念を忘れて環境破壊を繰り返しています.

 時々世界的に大流行する病気や,地震などの大災害は,こういった人類の堕落に対する何か大きな力,神や天とでもいうのでしょうか,そういったものの警鐘,試練ではないかと私は思っています.
人類が真の意味で成長しない限り,災害や疾病の大流行はきっとエンドレスに続くのではないか,今こそ我々が試されているのではないかと思うのは大げさでしょうか.

. ああアルバイト

 ゴールデンウィークも終盤を迎えましたが,新型インフルエンザ騒ぎが重なり,連休明けに海外から大量の帰国者を迎える日本でも緊張が高まっています.医療機関にも医師会などからリアルタイムに情報が送られてきており,もしもの時の段取りなどが書いてあるのですが,実際どうなることやら…

 さて,クリニックもとうとう1年を迎えましたが,まだまだ経済的余裕があるとはいえず,医師会経由などのアルバイトはとても助かるので,私も登録しました.
 先日はさっそく,神戸市医師会の夜間急病診療所に午後9時~12時の夜間診療のアルバイトに行きました.幸い患者さんの数も少なく,肉体的にも楽でした.

 若いころはよく他の医療機関で当直や外来のアルバイトをしました.当時は医師の待遇は今より更に劣悪で,卒業して大学の医局に研修医として入局したころは日給6000円程度,しかも日雇い待遇だったと思います.しかも高価な医学書を買ったり学会出張に行ったりもせねばならず,生活費を稼ぐためにアルバイトはまさに命綱でした.

 私が初めてアルバイトに行ったのは医師になってまだ3ヶ月ごろのことです.初めてなので同期入局のK先生と二人で行きました.「3人寄れば文殊の知恵」などといいますが,とりあえず一人よりは何とかなるのではないかという気持ちでした.初めての症例はなんと若い男性の「嵌頓(かんとん)包茎」で,大事な一物の先が真っ赤に腫れあがってとても痛そうでした.そんな症例は教科書では知っていたものの実際に処置するのは初めてでしたが,肝の座ったK先生が“的確に?”処置をして難を乗り切り,「K先生は大したもんやなァ」と妙に感動したのを覚えています.

 結局二人バイトは数回続きましたが,その後は一人で行くようになりました.もう自分の力だけが頼りですから,いつも救急医療の本を何冊も鞄に忍び込ませて出かけたものでした.それでも救急車が近づくと生きた心地がしませんでした.病院にどんどん近づいてくるピーポーピーポー音がドップラー効果で急にキーが下がった時は,「うちじゃなかった(~_~;)」とホッと胸をなでおろしたものです.あらかじめどんな患者さんが来るか判った時は,まさに脱兎の如く大急ぎで本を調べて知識を蓄えました.

 そんな時に強い味方は,やはりベテランの看護婦さん(敢えて当時の言い方で呼びます)でした.
 まだまだ駆け出しの研修医で長田区のある病院にアルバイトに行った時のこと,右手を刃物で切った男の人が受診しました.手の甲から手首にかけて10cmぐらいにわたり深く切っており,どんどん出血しています.皮膚の下に鮮やかな黄色の脂肪がはっきり見えており,まさにザックリ割れている状態でした.幸い指の機能障害はなさそうですが,とにかく出血を止めなければなりません.

 しかしここで大きな問題がありました.実はまだ大学ではまともに自分ひとりで縫合をした経験がなかったのです.しかしそんな素振りを微塵も見せるわけには行きません.「これはなかなか手ごわい傷ですね.縫合するしかないでしょう」などと,むしろ自分に言い聞かせるように言いながら,看護婦さんに手伝ってもらって何とか縫いあげました.私の額が汗びっしょりだったのは言うまでもありません.あとでその看護婦さん,「先生,初めてにしては上手だったですよ!」とニッコリ.彼女は私が初めての縫合だったのをちゃんと見抜いていたのです.私は恥ずかしさと,それでも私のことを誹りもせず立ててくれた優しさに脱帽しました.

 その後もアルバイトを通じて得た知識,技術,経験は計り知れず,まさに「火事場の馬鹿力」で得た一生の宝物となりました.

 数年前に始まった新臨床研修システムでは,研修医がオールラウンドな研修を経済的にも余裕を以て受けられるように,以前では考えられないくらい十分な報酬を与える代わりにアルバイトは禁止となりました.それにまだ未熟な研修医がアルバイトをすることは,医療安全や訴訟の問題から,しないでよいのならそれに越したことはないと思います.
 しかし幸か不幸か,私は様々なアルバイトを通じて,独りで救急患者さんを診る術も怖さも覚え,今となってはよい勉強になったと思っています.

 
. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です。
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード