Dr.OHKADO's Blog

. 信頼の絆

 医者の七つ道具のひとつといえばまず聴診器でしょう.何科の医師であっても,聴診器を使ったことのない医者はいないと思います.
 かつて東京のある個人病院に勤務していた時はまさに眼が回るほど忙しく,外来患者も午前中だけで100人近くもいました.そのものすごい数をこなすために診察もまさにオートメーションさながらで,診察室の前室に呼ばれた患者さんは男女ともまず上半身をめくってペロッと胸を出し,看護師さんがそのままの状態で私の前に座らせる,そして話しをする間もなくすぐに聴診器を当てるという具合で,個人的には疑問を持っていましたが,限られた時間にこれだけの人数をこなさなければならないので仕方ありませんでした.ところが院長の外来患者は150人とさらに多く,今だからいえますが聴診器の当て方もおそらくたった5秒ほど,「診察」のスピードは私の外来どころではありませんでした.それでもその病院は個人病院としては東日本随一といわれるほど患者数が多く,地元の人たちに不思議なぐらい信頼されていました.
 聴診器というのはただ体内の音を聞く医療器具としての役割だけではなく,医師と患者のスキンシップを深める重要な役割をしていると言わざるを得ません.私は循環器の専門なので診察に聴診器を必要とすることは他科の医師よりずっと多いとは思いますが,批判を恐れずに言ってしまえば,聴診器を当てることによって得られる情報など限られています.今や超音波やCT,MRIといった高度な医療機器が発達し,聴診器無用論まであるほどです.しかし機械では病気は発見できても病人の心を癒すことは出来ません.極端なことを言えば,聴診器を当てることはある意味で儀式であってもいいのです.患者さんに聴診器を心をこめて当てて心臓の鼓動や息使いを聞く,それが彼らの安心感と医師に対する信頼感を生む,こういった過程こそが医の原点なのだと思います.「手当て」ということばの語源は,人は痛いところに自然に手を当てるということから来ているそうです.つまり人は当ててもらった手を通して暖かい「気」が送られることによって癒されるわけです.聴診器も実は患者さんの情報を知るためだけではなく,管を通して「心」を通わせあい,こちらの「気」を送る手立てとしての役割を果たしているとはいえないでしょうか?
 ただひとつ日常困ることは,弁膜症の疑いなどで「儀式」ではなく本当に聴診をきちんと行いたい場合,若い女性などがほとんどの場合きちんと胸を見せてくれないことです.私があまりにイケメンなので恥ずかしがっているのか?それともエロ医者だと思われているのか?はたまた…???別に変な目的があるわけではないのですが,少なくともブラジャーを少しでも挙げてくれると助かります.例えば僧帽弁という弁の病気は,左の乳首の斜め左下あたりの心尖部と呼ばれる部分で雑音が聞こえますが,この部位は特にブラジャーの硬いワイヤー部分に隠れてしまいます.テレビで某医師が,今では下着を全くはずさなくても聴診が出来るなどと豪語していたそうですが,その医師はとてつもない聴力の持ち主か,ニセ医者かのどちらかでしょう.中には聴診にかこつけて医師にセクハラまがいのことをされたという残念な事件もあったとも聞き及びますが,大半の医者は貴女のおっぱいをどうこうしようなどとは思っていない,真面目に病気を診断しようとしているのですよと申し上げるしかありません
スポンサーサイト

. 溜飲の下がる思い

今年も残すところ1ヶ月半となってしまいました.冬が近づくにつれ風邪が流行るので患者がぐっと増えると聞きましたが,まだそれほど寒くないためでしょうか,あまり実感しません.
 さて,先日こんな記事がありました.

生徒暴行の元高校職員に無罪=「体罰に当たらない」-横浜地裁
 11月13日17時57分配信 時事通信
 神奈川県藤沢市の県立湘南高校の食堂で、食器を片付けなかった男子生徒の首を押さえ付けけがを負わせたとして、傷害罪に問われた元定時制非常勤職員の男性(38)に対し、横浜地裁が傷害の事実を認定した上で無罪(求刑罰金15万円)を言い渡していたことが13日、わかった。
 大島隆明裁判官は「体罰はできる限り避けることが望ましいことは論をまたない」としつつ、「男性の行為は生活指導の必要上行った行為で、正当な範囲を逸脱したとは認められない。規律違反に対する制裁として行ったものではなく、体罰に当たらない」と判断。「仮にこの程度の行為も一切許されずに処罰対象になると、素行が悪く指導に従おうとしない生徒らが、体に触れられた程度でも容易に教職員を警察に告訴する風潮を生み出しかねない」と述べた」


 ニュースによるとこの生徒は机の上に給食のカレーをまき散らして何も言わずに出て行こうしたのを指導されたとのこと,そしてこの教師に対して「学校にいられなくしてやる」などと暴言を吐いたとのことです.ちなみに首の怪我はただのかすり傷だったようです.
 私はこのような裁判を恥じもなく起こすこの生徒とその親(おそらく親が起こしたのでしょう)に対し,怒りを通り越して開いた口がふさがりませんでした.この生徒の行動には,食べ物を大事にする心,礼儀,責任感など人としての基本的な道徳心は微塵も感じられず,極めてエゴに満ちているといわざるを得ません.しかし更に悪いのは,自分の子供の行動を叱ることもせず,親として基本的な躾も出来ていないことを棚に上げて「体罰,体罰」と騒ぎ立てたこのバカな親でしょう.いったい日本にはいつからこんな恥知らずな人間がはびこるようになったのでしょうか?まさにもう世も末といわざるを得ません.
 それでも私は,遠山の金さんや大岡越前守張りにこんなすばらしい判決を言い渡してくれた裁判官もいるのだということを知り,心から溜飲の下がる思いをしたと同時に,救われた気持ちになりました.

. 眼からうろこの2乗

 人間,だれでも「眼からうろこ」というようなことがあるものですが,先日はそれを実感しました.
先日ある製薬会社主催の講演会がありました.その日は今や健康食品としても有名なEPA(エイコサペンタエン酸)の話題でした.
 グリーンランドのエスキモーはデンマーク人より心臓発作の発生率が極めて低く,その理由を調べたところ前者は後者に比べて魚類の摂取がだんぜんと多いという有名な研究があり,それをきっかけとして食生活と動脈硬化との関係についての研究が進みました.
 動物の肉にはアラキドン酸が,また肉を調理する油には代謝されるとアラキドン酸になるリノール酸が多く含まれています.それに対して魚類にはEPAが多く含まれています.それぞれ代謝されると前者はトロンボキサンA2を生成し,後者はプロスタグランディンI3を生成しますが,前者は血小板の凝集を促進し,後者は逆にそれを抑制します.
 これこそが,魚を摂取すると血液がサラサラになり,肉を摂取するとドロドロになることの本質で,このこと自体は私もおおよそ知っていましたが,このとき演者の先生が「だから西洋人は血が止まりやすいんですよ!」といった時,ハタと気づいたわけです.
 手術において止血は最も大事な作業のひとつです.特に心臓の手術では人工心肺を使用するために,ヘパリンという血液凝固阻止薬を投与するため,止血に非常に気を遣います.しかしなかなか出血が止まらず難渋することもありました.
 しかし白人の手術では驚くほど止血が簡単で手間取らず,手術時間も非常に短くてすむことで有名です.私もアメリカ人の冠動脈バイパス術を行ったことがありますが,出血の少なさ,止血の簡単さには驚きました.理由については何となく人種の違いなのかなどとずっと思っていたのですが,この時その謎が解けました.いや,知らなかったのは私だけかもしれませんが(もしそうだとしたら笑わないでください),私の中では本当に「眼からうろこ」でした.
 ちなみに血が止まりやすく,体脂肪が多いということは,戦闘や狩りなどで怪我をしても助かりやすく飢餓にも強いということから,白人を狩猟民族たらしめるのに好都合であったのであろうということも聞き,さらに感動してしまいました.

. 医師会雑感

 いよいよ11月です.今日の合気道の稽古の終わりに「ちょっと早いですが…」といわれて師匠より来年の鏡開き式の案内状を全員に手渡され,もうそんな時期なのか!と改めて実感しました.開業してから半年,本当にあっという間だったと感じています.
 先日は三宮にあるイタリアンレストランで中央区医師会の会員懇親会があり,私のようにここ1年の間に入会した新入会員も参加しました.新入会員は約10名ほどいました.会は非常にざっくばらんな雰囲気で,ブラジル料理のダイニングバーで行われた2次会にも結構多くの会員が参加し,楽しいひと時を過ごしました.今まで名簿や紹介状だけでしか知らなかった先生方などとも実際にお会いして話しをし,親しくなることが出来,参加してよかったと思います.
 勤務医から開業医に変わって一番困ることは,孤独であること,すなわち経営や人事にしても診断や治療法にしても全て自分で判断しなければならないということだそうですが,私も例外ではありません.そういう意味で最新の医療情勢や種々の勉強会や研究会の情報をリアルタイムに教えてくれたり,医事紛争に巻き込まれた時はサポートしてくれたり,今日のように病診・診診連携に役立つような会を提供してくれる医師会に入ったということは,良かったと思えるようになりました.決して安くない入会金や年会費を考えると,開業前はいっそのこと入会しないでおこうかと思ったりもしましたが,入会していなかった場合の状態を想像すると,悪く言えばこの世界の必要悪なのかもしれません.また医師会という組織が政治と深く関わっているという点で良いイメージを持たない人もいるのかもしれませんが,現場で働いている我々の感覚からは全く乖離した政策ばかり打ち出す厚労省や医師のバッシングに余念のないマスコミに対して大きな力で対抗できるのも,医師会しかないのかもしれません.

. プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です。
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

. 月別アーカイブ
. カテゴリー
. ブログ内検索
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QRコード