FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しきリセット

  この9月12日,私はついに還暦となりました.

  これまでも40歳,50歳と年齢の節目のたびにその重みとでもいうものを感じてきましたが,まだまだ自分には先のことと思っていたこの年齢に達したことに正直まだ実感が湧かないと同時に,今までの節目以上に重みを感じています.

  一昔前は,五十代,六十代と言えば,立派な年寄りでした.あのサザエさんの父親の波平の設定年齢が54歳というから驚きですし,幼少時によく遊びに行った母方の祖父母もまだ五十代でしたが,典型的なおじいちゃん,おばあちゃんという感じでした.

  しかし今や世界トップクラスの平均寿命を誇るようになった我が国では,この年代の位置付けは当時とは全く異なっています.心身ともに若くなっているのはもちろん,社会的にも完全に引退してしまっている人を探す方が難しい.

  それに何より,少子超高齢化,核家族化,格差の拡大も相まって,定年後は孫の相手でもしながら悠々自適,趣味三昧の隠居生活などということはぼ少なくとも庶民にとっては不可能となっています.また65歳以上という高齢者そのものの定義を見直す動きさえあり,人生100年時代と言われるようになったこの時代,ある意味当然の成り行きかもしれません.

  でも街の書店を見渡すと,定年後の生き方,社会との関わり方,健康や介護,お金,終活などに関する本が新刊のコーナーに所狭しと溢れかえっており,昨今の不安定な社会情勢とも相まって,誰しもが自分の長い老後に不安を抱いていることの裏返しだと感じます.

  さて,長年数多くの患者さんたちを診ていると,高齢になっても心身ともに元気な人たちのパターンとでもいうべきものが見えて来ます.

  以下が私の経験から導き出された元気な人たちの主な人物像です.

  1.気持ちがいつもポジティブで明るく,あまり細かいことに悩んだり,不平不満や愚痴などネガティヴなことばかり言わないひと
  2.いつも心がリラックスしていて物腰も穏やかで笑顔の多いひと
  3.背筋がピンと伸びていて姿勢が良く,ハキハキとした声で話し,よく歩き,歩く速度が速く歩幅も大きいひと
  4.喫煙をしないひと
  5.身だしなみに気を遣っているひと
  6.いつまでも好奇心に溢れ,仕事や趣味やボランティアを,楽しく(これが重要です)続けられているひと
  7.食欲が旺盛なひと
  8.健康には気を遣いつつも過度の健康オタクでないひと,巷に溢れる健康情報に振り回されないひと

  他にもありますが,ざっとこんなところでしょうか?
  もちろん,大病を患ったり,経済的に困窮してしまえば話はそう単純ではなくなりますが,少なくとも心の持ちようだけはこうありたいと思いますし,高齢者のみならず当然若い人にも当てはまる事柄ばかりです.

  さて,私はどれくらい当てはまるでしょうか?

  干支が一回りしたこの歳,身も心もリセットして,大還暦とまではいかずとも(そこまで生きたくもないですが(笑)),その半分の卒寿くらいまでをめざして,心身ともにできる限り元気でいたいと思います.


医師 ブログランキングへ
スポンサーサイト

魅惑のタイムスリップ

  今年のお盆は少し長い休暇を頂いて,かみさんと中欧の三都市,ウィーン,ザルツブルク,プラハに6泊8日で旅行してきました.
  言うまでもなく,いずれも数百年にわたり栄華を極めたハプスブルク家ゆかりの,芸術と文化の香り豊かな都市です.

  ウィーンは,かつて街を取り囲んでいた城壁と堀を撤去したあとにできた,その名もリング通りという大きな環状道路の沿線とその内側の旧市街を中心に,シェーンブルン宮殿,ウィーン国立歌劇場,楽友協会ホール,ウィーン美術館,ホーフブルク宮殿,シュテファン寺院といった荘厳かつ豪華な建築物や,マリアテレジア始めハプスブルク家ゆかりの人たちやヨハンシュトラウスなど芸術家たちの銅像が数多く残っており,多くの観光客も訪れて生き生きと活気づいていました.

  ウィーンから快適なオーストリア版新幹線Railjetに乗って訪れた古都市ザルツブルクでは,昨秋芸大卒業後にザルツブルクモーツアルテウム大学に留学してコントラバスを学んでいる姪が,すっかり流暢になったドイツ語を駆使してあちこち案内してくれました.

  モーツアルトの生誕地として,そして100年近い歴史を持つザルツブルク音楽祭で有名なこの街は,こじんまりとはしていますが,街のシンボルであるホーエンザルツブルク城から眺める古い建造物や教会の立ち並ぶ街並みは,中世の面影を色濃く残しており,まるであの時代にタイムスリップしたようでした.

  ザルツブルクからプラハに自動車で移動する道程,世界遺産チェスキークルムロフを訪れました.
街の北側にあるチェスキークルムロフ城から見おろすルネッサンス様式の街並みは,世界で一番美しい街と言われる噂に違わず,まさに息を飲むような美しさでした.

  プラハの街は,滔々と流れるブルダバ(モルダウ)川にかかるカレル橋,その向こうにそびえ立つプラハ城の勇姿,そして川の東部に広がる旧市街の目抜き通りや建物の優雅さにも,深く感銘を受けました.

  特に今回の旅行の前に読んだ小説「プラハの春」に出てきた情景が重なり,旧ソ連の無慈悲な軍事侵攻による屈辱的な抑圧から解放されて勝ち得た自由と平和を,心から謳歌している人々の息吹や明るさが感じられましたし,第2楽章「モルダウ」であまりにも有名なスメタナの交響曲「わが祖国」に込められた意味がわかったような気がしました.

  イタリアやスペイン同様,やはり今回もヨーロッパの観光都市が古い建築物や全体の景観をいかに大切にしているかということを改めて感じさせられました.
  建築物の新陳代謝が激しい我が国と単純に比較することは出来ないでしょうが,今や外国人観光客がうなぎのぼりに増加して世界有数の観光立国をめざしている我が国もおおいに学ぶところがあると思います.

  それから,今回の旅行は本当によく歩きました.スマホのアプリでも1日25,000歩近くとなっており自分でも驚きでした.自分の脚で歩き回ることによってこそ,その土地の空気やそこに住む人々の息遣いとでもいうものをしっかりと感じ取れるという意味で,健脚に感謝です.

  いつも勉強していく言語については,ドイツ語は大学時代に勉強した知識を思い出すようにして少しは復習していったのですが,観光地はほとんど英語で通じるので使う機会はあまりありませんでした.
  チェコ語については,もともと難解とされる上,スラブ系の言語で今まで学んだ言語とはあまりにもかけ離れているので諦めて,とりあえず「こんにちは」(Dobryden)と「ありがとう」(Diky)と,「トイレはどこですか?」(Kde je zachod? → 実際には使わずに済みました)だけを丸覚えした感じですが(笑),現地の人に喜ばれました.

  最後に,今回も休み中の土曜日は代診のH先生が助けてくださいました.優しくて素敵なH先生に感謝です❗️

  私の心は,早くも次の旅先探しに向いています(笑)

ウィーン: 旧市街地,グラーベン通りの賑わい
ウィーン
ザルツブルク : ホーエンザルツブルク城より
ザルツブルク
チェスキークルムロフ: チェスキークルムロフ城より
チェスキークルムロフ
プラハ:モルダウ,カレル橋,プラハ城
プラハ

 (↑ いずれもクリックで拡大)


医師 ブログランキングへ

もっと危機意識を

  先日西日本を中心に数日間も降り続いた記録的な豪雨は,数十年に一度と言われる甚大な被害を各地にもたらし,200人以上もの人命が犠牲になりました.
  神戸市でも10万人近くに避難勧告がでて,中央区や灘区の山側でも土砂崩れが起きて一時避難指示が出たほどです.

  さらにその後は打って変わって連日のようにこれまた記録的な猛暑が続いており,全国で熱中症の患者が多発,死者さえ出ているといる有様で,特に豪雨災害で最も被害の大きかった広島や岡山の人たちにとっては,まさに泣きっ面に蜂という状態です.

  そんな中,豪雨の被災地では少しずつ復旧が始まり,全国から義援金やボランティアなど支援の手が差し伸べられています.私も微力ながら募金をさせていただきました.被災地の1日も早い復興と,亡くなられた方々の冥福を祈るばかりです.

  さて,地球温暖化の影響なのか,このところわが国を含め世界中で毎年のように大きな自然災害がおこり,少なからぬ犠牲者がでています.
  地震も頻繁で,この豪雨の最中にもなんと千葉県沖でマグニチュード6の地震が起こったのですが,誰しも慣れっこになってしまったのか,豪雨のニュースに完全にかき消されてしまいました.最悪の場合わが国を経済大国から最貧国に引きずり落としてしまうかもしれないという南海トラフ地震も,近い将来ほぼ確実に起こると言われています.

  こういった大災害が起こると,必ずといっていいほど政府や自治体の危機管理や対応の甘さばかりが批判されますが,我々国民の側も,もう少し常日頃から自然災害に対する意識改革が必要なのではないかと感じます.

  日本人というのは,いい意味でも悪い意味でも忘れっぽい性格なのか,大災害が起こると慌てて避難用品を揃えたりするのですが,しばらくすると危機感が去ってしまい,保存用の食品や水がとっくに期限切れになってしまったりする.今回も,自治体が作った防災マップの存在さえ知らなかったという人々が多数いるというから驚きです.

  自分はこんな災害には遭遇したくないという気持ちが,記憶の風化とともに,自分だけはまず大丈夫だろうという根拠のない自信にだんだん変貌してしまうようです.だから,テレビやスマホの緊急速報で避難指示が出ても全く従わない人も多い.自分のところはまさかと思っているのです.東日本大震災の時,津波から逃げ遅れて多数の死者が出たのもこれが一因でした.

  それから,今度はいざ災害からの復興計画という段になると,往々にして進展が遅い.
  財源の問題はともかくとしても,支援物資や義援金をどう分けるのか,避難所をいつまで設けるのか,仮設住宅をどのくらい作るのか,防波堤や堤防をどれくらいの高さでどこに作るのか,などなど,具体的なことになると縦割行政の弊害や各部署の思惑,自治体や被災者個々の要望,法律の足枷などが絡み合って,なかなか決まらない.

  何よりもそこに住む人々の要望を最優先するべきこと,そして民主主義国家たるもの何事も話し合いで決めるべきことは論を待たないでしょうが,関係者すべての意見が一致することなどあり得ないでしょうし,国家の存亡に関わるような緊急事態の時には多少の強引さや融通性も必要なのではないでしようか.

  たとえば,防潮堤一つ作るにしても,津波の恐ろしさは理解していても景観や観光への影響を心配して反対する人もいる.しかし,批判を恐れずに言えば,何よりも優先されるべきは人命であり,人々が安心して暮らせてこその地域であり景観だと思います.

  しかしこんなことは何も自然災害に限ったことではありません.

  北朝鮮問題など東アジア情勢がかつてないほど緊迫している昨今,賛否両論はあるにせよ防衛力の維持向上について真剣に考えなければならないのに,議論すること自体をタブーとしたり,自衛隊不要論など頭の中がお花畑状態の人々も多々いる.

  医療の世界もしかり,今や少子高齢化と医療費の増大で日本が世界に誇ってきた国民皆保険制度がもはや崩壊寸前となっているのに,全く他人事のように思っている人々のいかに多いことか.

  日本人は戦後の焼け跡から経済大国への奇跡的な復興と長く続く平和にすっかりあぐらをかいてしまい,誰しも,まさかこの国が大地震で国家存亡の危機に陥ったり,他国に蹂躙されたり,医療保険制度が破綻したりすることなどないだろうと,心のどこかで思っているのです.

  日本人というのは元来「和」の精神を何よりも大切にするということがDNAの奥深くに刷り込まれています.これ自体は,ややもすると自国第一主義が闊歩する現代の風潮にあって誇るべき国民性であり,その民度が世界の中でもトップクラスであると言われる所以です.
  しかし,裏を返せば,何事も根回しや話し合い,周囲への気遣いなどばかりに重きを置くがゆえに,物事が遅々として前へ進まず,目まぐるしく変わる世界情勢の流れにもついていけないわけです.

  一党独裁がゆえに何でもかんでもトップダウンで有無を言わさず決めてしまう中国や,自国の利益のためだけに他の国々を混乱に陥れてまで強引な政策をとる今の米国のやり方には大きな違和感を覚えます.

  けれども,今回のような甚大な自然災害への対策は言わずもがな,国家防衛,社会保障と,待ったなしの施策が必要なものは,強力なリーダーシップにより,とにかく何よりもスピード感を以て進めて欲しいと特に思いますし,我々国民ももっともっと危機感を持つべきでしょう.

  森友加計問題や議員のセクハラ問題が些細な問題だというつもりはありませんが,国家の根幹を揺るがしかねない大問題が山積している昨今,他人の揚げ足をとることばかりに終始している国会議員たちの姿を見ていると,本当にこの国の行く末は大丈夫なのか?と不安になるのは私だけでしょうか.


医師 ブログランキングへ

信頼あっての「かかりつけ」

 意外なことですが日本は人口あたりの医師数が先進国の中でも少なく,逆に病院の数や年間の受診回数はダントツでトップクラスです.これは,1人の医師が診る患者数が他国に比べて驚くほど多いということを意味するわけで,我が国の医師の過重労働の大きな要因となっています.

 日本の医療は,世界に誇れる国民皆保険制度と,医療従事者の身を削るような献身的な働きによって支えられてきたと言っても過言ではありません.
 しかし,世界に類を見ない超高齢化社会の到来による医療のニーズのますますの高まり,患者サイドの権利意識の高まり,さらに何よりも今まで野放し状態だった大病院志向が,医療現場をあまりにも疲弊させてしまってきたことは周知の通りです.

 そこで国が力を入れだしたのが,かかりつけ医制度です.風邪などの軽傷の疾患や高血圧などの慢性疾患の管理,簡単な外傷,医療相談,在宅医療,介護支援など,医療や介護に関することはまずゲートキーパーとしての「かかりつけ医」で対処し,必要に応じて設備の整った病院に紹介するという仕組みです.かかりつけという言葉自体は以前からあり別に目新しいものではありませんが,これを諸外国における家庭医やGP(General physician)のようによりはっきりと定義付けようというものです.

 今回の診療報酬改定でもますますその方向が明確になり,在宅医療を始めかかりつけ医としての機能を果たせば報酬が増える仕組みがますます強化されています.また国も諸外国のGPや家庭医の制度に倣って,幅広い診療を担う総合診療専門医を専門医制度の中に創設しました.

 しかし,私は,こういった制度が無節操な大病院志向に歯止めをかけるのに役立つのはともかくとして,かかりつけ医というものを,他の専門医と同様に何か特殊な資格として位置づけることにやや違和感を覚えます.

 そもそもかかりつけ医というのは何か意図的に作るものではないのではないかと思うからです.

 最初は風邪でかかったけれども,専門の病気はもちろん,高血圧でも糖尿病でも幅広くみてくれる,運動や栄養やサプリなど健康に関することはもちろん,自分はもちろん家族の介護のことまで相談に乗ってくれる,はたまたプライベートの話など雑談も出来る,そして逆にこちらが教えられることもある,そんな風にして信頼関係が醸成されていく過程で,少しずつかかりつけ医として患者さんに認められていくのではないでしょうか?

 親身になって話しもろくに聞いてくれない医師が,いきなり,なにがしの資格を取ったからといって,今日から私があなたのかかりつけ医でござい,と言ったところで両者の間に信頼関係がなければ机上の空論なわけです.

 もちろん,そのためには我々医師も不断の勉強が欠かせませんし,どちらかといえば医学以外にもいろいろなことに興味を持ったり勉強したり,そして何よりも色々な人生経験を積んで人間力を磨いた方がいい.

 医学部を出たての二十代後半くらいの独身の医師が,たとえ決められた研修か何かを受けて資格の上では認められたとしても,それだけで患者さんが,自分のかかりつけ医として認めるかどうかというのは別の話しだと思うわけです.

 私はといえば,もともと外科医であったことも奏功してけっこう守備範囲が広く,ありふれた内科的疾患はもちろん,簡単な外傷あるいは整形外科的処置や手術もこなしていますし,英語が通じるので外国人も多く訪れます.また,よほどの特殊な例は別として,自分の専門外であっても取り敢えず受けつけるというスタンスを取っているので,それこそあらゆる症状の方が訪れますが,もちろん手に負えない場合は,今まで様々な手段で培ってきた人脈を利用して,適切なところへ紹介しています.

 「どこへ受診したらいいかわからないので,とりあえず先生に診てもらおうと思いました」と言われたり,「いい先生だから」とのことで家族も連れてきてくれたりすると嬉しいものです.

 いずれにせよ,これだけの情報化社会,医師も選ばれる時代になっています.
 そういう意味では我々も気を引き締めて仕事をしないと,かかりつけ医として選ばれないどころか,医師としてさえも淘汰されてしまうような時代になったことは間違いありません.


医師 ブログランキングへ

花嫁の父(パート2)

 5月12日の土曜日は,次女の結婚式でした.
 以前のブログでも書いた通り(歓びと寂しさと),次女はすでに1年ほど前から東京で結婚生活を送っていますが,一昨年ハワイで長女が挙げたような正式な式は挙げていなかったため,親族へのお披露目の意味も兼ねて大阪の結婚式場,「ザ・ガーデンオリエンタル」で実現の運びとなりました.

 両家の親族十数名の見守る中,ハープやヴィオラ,ソプラノの歌声による美しい生演奏の中,次女を連れてバージンロードを歩きました.
  長女の時のバージンロードでは知らぬ間に緊張していたのか,私の歩き方があの漫才コンビ「オードリー」の春日みたいだったと笑われましたが(笑)(花嫁の父),今回は上手くいったようです.


  写真撮影の後に行われた小さな披露宴では,花婿が歓迎と感謝の挨拶,私が乾杯の音頭を取った後,テーブルに飾られた綺麗な花々,美味しい食事とお酒に会話も弾み,終始和やかなムードで宴は進みました.
  誰からも愛される癒し系の次女の人柄と,優しく明朗闊達な花婿のそれも,場の雰囲気をよりいっそう暖かみのあるものにしたようです.

  長女の時もそうでしたが,今回次女がくれたメッセージの中にも,この家族に生まれてよかったという言葉がありました.

  私は多忙な仕事がら家を空けることも多く,決して良き父親ではありませんでした.しかしその分かみさんが愛情を注いでくれ,2人とも本当に明るく天真爛漫な女性に育ってくれました.

  経済的にも大変な苦労をかけた時期もあり,2人とも幼稚園の時は米国留学から帰国したばかり,あまりにも薄給で市から補助金をもらっていましたし,大学生の時は,これまたちょうど開業したばかりで資金繰りも大変な時で,こんどは奨学金のお世話になりました.また彼女たちが生まれてから国内外に7回もの引越しをしましたが,グレもせず,むしろたくさんのかけがえのない経験を積み,そしてどんな環境でもやっていける適応能力も得てくれたようです.

  長女夫婦にはもちろん,次女夫婦にもこれからの長い人生,様々な苦労も待ち受けているに違いありません.しかし2人で力を合わせて乗り越えて,素晴らしい家庭を築いていってほしいと思いますし,この2人なら大丈夫だと信じています.

  なお,結婚式当日は,後輩の女医さんであるH先生が代診に来てくれました.
  開業以来初めての代診で,正直最初は不安でしたが,しっかり勤めて下さったようでスタッフや患者さんたちの評判も上々でした.H先生,ありがとうございました!


医師 ブログランキングへ
プロフィール

Dr.Ohkado

Author:Dr.Ohkado
神戸市中央区新神戸駅ちかく,神戸芸術センタービル内医療モールにある循環器科を主とする開業医です。
徒然なるままに,日々考えていることをエッセイとして書き綴っていきます.
ご意見下さい.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。