fc2ブログ

トンネルの向こうへ

 先日,当院を贔屓にしてくださっている女性ピアニストのYさんから,世界を股にかけて活躍されているジャズピアニスト小曽根真と上原ひろみのコラボによるコンサートのチケットをいただき,兵庫県立西宮芸術文化センターに行ってきました.
 今春没したチックコリアの愛弟子である2人の演奏はもちろん素晴らしいのひとことでしたが,特に息のあった連弾の超絶技巧ぶりはまさに神業で,アランフェス協奏曲をジャズアレンジしたアンコール演奏が終わった時は,スタンディングオベーションが鳴り止みませんでした.

 長らく続くコロナ禍は,飲食業や観光業と同様,文化芸術界へも計り知れない影響を与え,演奏会などの場を失ってしまった音楽家の人たちは大変な苦労を強いられています.

 当院は,Yさんの他にもヨーロッパを中心に演奏活動をされている女性ピアニスト I さんや,神戸出身の新進気鋭の女性若手チェリストSさんなどの音楽家もご利用いただいています.

 彼女たちの演奏会にも何度か招かれ足を運びましたが,いずれも涙ぐましいばかりの感染対策を施して開催されていて,コロナ禍の中,少しでも音楽活動を続けていきたい,そして音楽を通じて社会貢献したいという思いが滲み出ていまし,私も芸術の火を絶やさぬために少しでも応援できたらという思いを新たにしました.

 ドイツのような国では,コロナ禍で仕事を失った音楽家にも手厚い補助金が出ているとのこと,もちろん日本とは国の事情が違うとはいえ,社会における芸術活動の位置付けがいかに高いかということであり,日本でもそうあってほしいと思います.

 やはり音楽に接することは決して贅沢なことでもなんでもなく,人の心を癒したり勇気づけたりする力を持つという意味ではある意味医療とも通じるものがありますし,それを生業とする音楽家の人たちは,私たちの生活になくてはならない立派なエッセンシャルワーカーと言ってもいいという思いを強くしています.

 さて,第5波もようやく収束して来月からいよいよ緊急事態宣言が全国で解除,ワクチン接種も国民の7割を伺う勢いで,抗体カクテルなどの重症化予防戦略も徐々に確立,また日本を含め各国が凌ぎを削っている抗ウィルス薬も近日中に承認される見通しになりました.

 もちろん今後第6波が来る可能性は否定できず,より強靭な医療体制の再構築などまだまだ気は抜けないものの,少し長いトンネルの向こうに小さな出口が見えてきたと言ったところでしょうか.

 クリニックでのワクチン接種は今月末までのクールでいったん終了としましたが,今後も発熱患者や濃厚接触者へのPCR検査や,集団接種会場,軽中等症の方が入所している療養型施設への出務,コロナの後遺症に悩む人たちの治療等で少しでも貢献していくつもりです.

 自民党も新しい総裁となり来月からは大きく刷新された新内閣が発足する見込みです.コロナ禍でズタボロになってしまった我が国が1日も早く立ち直れるよう奮闘していただきたいと思います.

小曽根コンサート



医師 ブログランキングへ


スポンサーサイト



日々是エッセイ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/09/30 00:15

ひとりでも多く,一日でも早く

 今月末時点で,我が国も人口の約半分が新型コロナウイルスのワクチン接種を終えました.私も自院での接種と集団接種会場への出務等で微力ながら貢献させていただいています.

 さて,このワクチン接種をめぐっては賛否両論ありますが,私は,基本的には以下のように考えています(以下,コロナと書いたのは「新型コロナ」の略です).
 まず,このコロナ禍を終息させるにはどういう方法があるでしょうか?
その方法は大きく分けて3つだと思います.  
 ①特効薬ができること.
 ②多くの人々が罹患して集団免疫ができること
 ③ワクチン接種により集団免疫を作ること

 ①については,世界中で研究が進められていますが,もちろんまだ完成していません.現在の治療法は,既存の薬剤を試行錯誤しながら使用しているだけであり,インフルエンザにおけるタミフルのような抗ウィルス薬はまだないのです.
 ②ついてはどうでしょうか?
 これには人類の70%程度が罹患する必要があると言われていますが,いうまでもなくそれには多大なる犠牲を伴います.
 今年前半に恐るべき感染爆発を起こしたインドの感染者数が,全人口の約1割しかワクチン接種を終了していないにもかかわらず激減しましたが,国民の70%が抗体を獲得した可能性があるとのことです.しかしその結果人口13.6億人のうち3,300万人が罹患,40万人以上が死亡,これを人口1.2億人の日本に換算すると,約300万人が罹患し,約35,000人が死亡するということになります.    
 今の日本の状況は,その半分にも達していませんが,犠牲者を増やしてまで待てるでしょうか?
 そうすると,残る方法は必然的に③になるわけです.

◆ワクチンは本当に効果があるのか?
 日本では高齢者への優先接種が進み,8割近くの方が2回接種を終了しています.
 第5波の真っ只中にいる日本では8月末時点で毎日2万人前後の感染者が出ていますが,高齢者の比率は極めて少なくなっています.高齢者層は若年者層に比べて社会活動が少ないということを差し引いても,これはワクチンの効果と言わざるを得ないと思います.
 ワクチン接種後に抗体価が非接種者の1000倍以上に跳ね上がるのは当院での検査でも実感しています.また,感染しても抗体が出来ますが,ワクチン接種による抗体価の方が高く持続時間も長いことはすでに報告されています.

◆ワクチンは本当に安全なのか?
 どんな薬でもサプリメントでも100%安全で副作用のないものなどありません.私たちはいつもその効果と副作用とを天秤にかけて使うのであり,世に出た薬の多くはその効果が副作用をはるかに凌駕しているからこそ使えるようになっているわけで,ワクチンも例外ではありません.
 もちろん薬やワクチンの開発には5年とか10年という長いスパンで臨床試験をしっかり行うことが必要ですので,そういう意味では特例承認された今回のワクチンは,臨床試験や安全性の検討も十分とは言えないでしょう.
 しかしながら,今回のように人類の存亡にも関わる危機においては,そんなに長く待つわけにはいかないわけですから,言い方は悪いですが,やむを得ないわけです.
 このワクチンが今後5年,10年後に何らかの不都合な結果を我々にもたらさないか?という不安は拭えませんが,もちろんそんなことは誰にもわかりません.
 しかしながら,大事なことは,今まさに我々が直面している危機に向き合うことですから,乱暴な言い方をすれば,そんな先のことを今心配しても仕方ないのでは?と思うわけです.

◆ワクチンなど打たなくても,免疫能をあげるような生活をしたり,サプリや漢方や代替医療などを利用すればコロナに罹患しない,罹患しても軽症で済むのではないか?
 確かに基礎疾患のある人や高齢者は罹患率や死亡率が高いという事実からは,ある意味当てはまるかもしれませんし,ワクチン反対論者の方にはこういう考えの方もおられるようです.
 しかし若い人で健康,屈強な人や全く持病のない人でも多く罹患していますし,死亡例も多数見られます.
 武器も持たず鎧だけで敵陣に切り込めるくらいのウイルスなら,あっという間に重篤化してECMOさえ必要になったり,全世界で2.3億人もの人が罹患したことをどう説明するのか?ということです.

 そもそも免疫能というのは漠然とした概念で数値で測ることもできませんし,どれ程の免疫能があれば予防効果があるかなど,それこそエビデンスがないわけです.
 自分は風邪ひとつひいたことがないしインフルエンザのワクチンも打ったことがないが罹ったことはない,だから今回も大丈夫,という意見もあります.
 確かにそういう方は「免疫能」が強く,感染症にかかりにくい体質なのかもしれません.ワクチンを毎年打ってもしょっちゅうインフルエンザにかかる人もいます.
 しかし,コロナは風邪でもインフルエンザでもないので,罹患しないというのは希望的観測であり,これは「胃だけは丈夫」というようなあまり根拠のない自信に似てはいないでしょうか?
 また,ワクチンは自分が発症しないのみならず他人への感染を予防する目的もあるという視点も必要です.

◆ワクチンによる死亡例が報告されているがどうか?
 確かにワクチン接種して数日以内に死亡した例が報告されており,因果関係が否定できません.
 しかし高齢者や重い持病のある方は,もともとワクチンを打っていてもいなくても心筋梗塞などで突然死亡することもあるのに,それをマスメディアがただ単純に時系列で並べて示せばいかにも全て副反応のように見えますが,これは悪意のある印象操作ですし,そもそも因果関係を立証するにはきちんとした検証が必要です.

 私は,ワクチンに限らず,視聴率至上主義で何かにつけてセンセーショナルに不安ばかりを煽りたがる日本のマスメディアの報道姿勢には極めて問題があるといつも思っていますし,強い怒りさえ感じます.
 例えば副反応などデメリットばかりを強調すれば誰でも接種をためらうのは当然です.本当に国を挙げてコロナに対峙したいと考えるのであれば,ワクチンの効果が出ているということも含めて客観的なデータを使って丁寧に報道すべきであり,それが報道機関の使命だと思います.

 そして正確な情報を吟味した上でやはり接種を躊躇うのであれば,それは個人の自由ですから尊重されていいですし,アナフィラキシーの既往があることなどが理由で接種したくてもできない人もいますが,周囲の人が接種することにより守ってあげればいいと思います.

 世界の人口が20億人だった100年前,ワクチンはおろか薬もなく,4千万人もの犠牲者を出したスペイン風邪は,今でもインフルエンザとして残っていますが,ワクチンや特効薬という武器を獲得した我々人類はうまく付き合っています.

 コロナも,ワクチンが普及してある程度感染がコントロール出来れば,そして重症者に対するより有効な治療法や抗ウイルス薬が普及すれば,おそらくインフルエンザのように2類相当のウイルスに格下げされ,毎年ワクチンを1〜2回定期的に打つ,あるいは抗ウイルス薬を使う,というようなことになり,その時こそコロナ禍が終息したと言えるようになるのではないでしょうか.

 その時まで,もうひと踏ん張りです❗️


医師 ブログランキングへ
日々是エッセイ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/08/31 00:08

TOKYO 2020

 ある程度予想はしていたものの,前回の緊急事態宣言の解除からそれほど時間が経っていないにもかかわらず,あれよあれよと言うまに第5波が来てしまい,首都圏や大阪は来月からまたもや緊急事態宣言発令,ここ兵庫県も蔓延防止条例とのこと.
 マスコミは相も変わらず,感染者数や重症者数,医療現場の逼迫,そして飲食店や観光業者の窮乏というお決まりの3点セットを壊れたレコードのように繰り返すばかりですし,すっかり国民の信頼を失ってしまった政府から何ら変わり映えのしない宣言など出されても,もう国民の誰しもが慣れきってしまい,ロックダウンでもしない限り(たとえしたとしても)効果は限定的でしょう.
 はっきりいってもうヤケクソになっている人も多いと思います.

 ただ,ワクチン接種は高齢者世代にはかなり進み,感染者数に占める割合もごく僅かとなっているのを見ると,この危機を乗り切る最も有効な手立ては,少なくとも現時点ではやはりワクチン接種しかないと思いますし,今はとにかく若い世代へのワクチン接種を一刻の猶予もなく進めることが最重要課題と言わざるを得ません.

 さて,そんな中,一年延期された東京オリンピックが,残念ながら大半の競技が無観客という異例の事態にはなりましたが,とうとう開催されました.
 前代未聞のコロナ禍の中での開催については,喧喧諤諤の議論がありましたし,これがコロナ禍において吉と出るか,凶と出るかなど,終わってみないと誰もわからないでしょう.

 ただ私個人としては,4年に一度しかないこの日のために,それこそ人生を賭して血の滲むような努力をしてきたアスリートたちが,オリンピックに参加することを非難されるいわれは何もないと思いますし,たとえ無観客であっても参加する場を与えてあげるべきだと思ってきました.

 そして何よりも,息の詰まるような攻防の末,勝利を手にした時はもちろん,僅差で負けても全力を出し切った時の喜びの顔,安堵した顔,頬を伝わる万感の想いのこもった涙,監督や家族や仲間の号泣する姿,表彰台に掲揚される国旗,少し前までは闘志をむき出して闘った他の国の選手たちにも敬意を表し,柔和な表情で健闘を讃えあってカメラにおさまるシーン,どれもがいつも深い感銘を与えてくれるのです.

 何よりも今回は,ほんの少し前までは開催さえ危ぶまれていただけに,彼等がどれほど不安な毎日を過ごしていたかと思うと,我が事のように胸が締め付けられる気持ちになりましたし,より一層,開催されて本当に良かったと思うのです.

 そして何よりも,長引くコロナ禍で心身ともに疲弊してしまった私たちにとっても,彼等のひたむきな姿が,ひとときの安らぎと,明日への活力を与えてくれているのではないでしょうか.

 今日本は,そして世界は,誰しもが新型コロナウィルスという強敵と満身創痍になって闘っています.
オリンピック選手の活躍に勇気をもらい,私も微力ではありますが,医療従事者として少しでも役に立てたらと思います.
 
 なお,正直のことをいえば,コロナ云々は別としてやはり有観客でやってほしかったと思います.
 実はなんとある競技のチケットが当たっていて,8月上旬に観に行く予定にしていたのです.しかも驚くべきことに長女夫婦も次女夫婦も競技は違いますがチケットを当てていたのです.
 こんなこと滅多になく,日本で夏のオリンピックを行うことなど少なくとも私の生きている間はもうないでしょうから,本当に楽しみにしていたので,誠に残念でした!本当にコロナ憎しです((+_+))
 


医師 ブログランキングへ

日々是エッセイ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2021/07/30 09:34

コロナ禍こそ「知」を求めて

 今年もついに半年が経過,そしてコロナ禍が始まって1年半,日本でもワクチンの接種が加速し,この忌まわしき敵との闘いも佳境に入りましたが,インド型変異株の急増など,まだまだ油断の出来ない生活が続きそうです.

 私はといえば,医師会の会議や学会等への参加はリモートがメインになり,face to faceで他の先生方と顔を合わせる機会は激減しました.趣味の合気道やサックスは感染対策をしながら行っていますが,恒例の演武会や発表会は昨年に続いて今年も流れてしまいましたし,三宮の夜の街に繰り出すような機会ももちろん激減,ある意味健全な生活を?送っています(笑)

 そんな生活の中でも唯一増えたことは,家呑みと読書です.

 私はもともと書物を読んで勉強するのは好きでしたが,勤務医の時は昼夜を問わず激務で,書物といえばどうしても仕事関係の専門書ばかりでした.

 しかし,開業してからは,多忙ではあるものの当直や夜間の呼び出しがほとんどなくなったため時間の管理が容易になり,精神的肉体的に余裕が出てきたこと,医療やクリニック経営を通じて社会の諸問題に目が行くようになったこと,そしてなによりも,年齢を重ねるにつれ,知らなかったことを知りたいという知識欲が掻き立てられるようになったことが,読む本の多様化と増加に繋がっています.

 私の読書タイムは主に就眠前の約30分です.
 夜のしじまの中,静かに本を読む時間が至福の時間となりました.日々新たな知識,新たな知見に出会うことは何者にも代え難い喜びであり,つい狭小になりがちな視野が少しでも拡がった気がして,明日への活力にもなります.

 読書の分野は様々なものに及び,特に歴史なかでも世界史,そして宗教や民族,国際政治,経済,社会問題といった,主に人文分野の本を乱読するようになりましたが,時には科学や自然など,元来得意分野である理系の分野の本にも触れます.

 世界があっという間にグローバル化されてしまい,それと共にさまざまな社会問題が顕在化している現代社会を生きるためには,どうしてもこういった分野の知識が不可欠だと実感しています.

 たとえば,マスコミの報道の仕方にもかなり問題がありますが,我々日本人にとってイスラムといえば過激な思想とかテロとかというマイナスのイメージばかりが先行しますが,イスラムの教義や文化を全く知らずして,自分たちの住む世界の常識のみを振りかざしてただ一方的に批判するのは,あまりにも偏狭な考え方ではないかと思います.
 それにイスラムとはどういうものなのかということを知ろうとすると,必然的に中東の地理や歴史,ヨーロッパなど他国との関係,さらに他の宗教との違いなど,知るべきことが結局多方面にわたってくるわけです.

 確かに今の時代,ネットで検索すればあらゆる情報が容易に手に入りますが,ネット上では断片的で無責任,不正確な情報が,言論の自由の旗印のもと入り乱れていることは周知の通りで,私の専門の医療のそれについて考えただけでも,さもありなんと思います.
 ネットに上がっている情報を真偽も確認せずに鵜呑みにしたり,SNSで他人を自殺にやるほど誹謗中傷したり,マイノリティに対する激しい差別を行ったりすることが社会問題になっていますが,これも自分の都合のよい情報だけを断片的に切り取ってしまうことにより,物事を偏見なく客観的かつ広い視点から俯瞰することができなくなっているが故で,簡単に言えば「井の中の蛙」ということです.

 ソクラテスの言葉に「無知の知」というのがありますし,わたしも数多くの愛読書があるアジア太平洋大学の学長の知の巨人,出口治明さんは,知識を増やして人生を豊かにする方法は「人,旅,本」であると述べています.

 でも小難しいことはさておいて,やはり「知る」ということは面白いし,ワクワクする.私が本を読む理由は結局それです. 

 さて,今晩も寝る前のひと時,新たな知の世界へ飛び込もうかな,でも偉そうなことを言いながらも,コロナ禍が終わったら,たまにはパーッと夜の街へも飛び込もうかな,というのが正直な気持ちですけどね(笑)


医師 ブログランキングへ


日々是エッセイ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/06/30 00:48

復活への一歩へ

 今年のゴールデンウィーク,次女夫婦が孫を連れて帰省してきました.すでに生後6ヶ月を超え,よく笑いよく動き,まだ言葉にはならないながらも一生懸命声を出していましたが,先日LINEで送ってきた動画には見事に寝返ができるようになり得意げに笑う彼の姿がありました.今や彼の一挙手一投足が皆を和ませ,まさに我が家のアイドルとなっていますし,子供の成長する姿は神秘と驚異に溢れていると改めて感じます.
 孫には次女の170㎝9頭身のスタイルと癒し系の性格,旦那さんの行動力と抜群の運動神経が優性遺伝してほしいと思うのは贅沢でしょうか.ただ,とにかく片時もじっとせず動いている姿に皆からは「それは誰かの隔世遺伝に決まってるでしょ」と言われる始末です(笑)

 さて,例によってコロナですが,先週末までに私もスタッフもファイザー製のワクチンの接種を2回終了し,とりあえずホッとしています.
 スタッフの多くは腕の痛みや発熱,倦怠感を訴えていましたが,私は2回目も軽い接種部痛くらいで発熱や倦怠感もほとんどなく,これまたカミさんからは「あんたは宇宙人?」と😅

 当院も少しでも社会貢献すべく,かかりつけの方のみですが,5月17日から開始しました.

 ただ前回のblogでも述べましたが,行政側の混乱に巻き込まれたこともあり,ここまでこぎつけるのにもひと苦労でした.

 その上,接種後は副反応に備えて背もたれのある椅子で最低15分の経過観察,1アンプルは6人分で冷蔵保存では5日間まで,開封後は6時間以内に使用,3週間の間隔で2回接種,まれとは言えアナフィラキシーショックの可能性にも備えてアドレナリンや酸素ボンベ等をスタンバイ,など,種々気を遣います.

 さらにインフルエンザなど他のワクチンと異なり卸さんに直接注文はできないため,必要分のみネット経由で行政に配給を依頼すること,接種毎に接種券のバーコードをタブレットで読み取って報告することなども必要ですし,キャンセルが出たら破棄はもったいないので6時間以内に打てる希望者を探さなければなりません.

 このようにとにかく面倒なことが多い上,ファイザーのワクチンは使用前の調合にちよっとしたコツが必要で,看護師全員に医師会の集団接種会場に見学に行ってもらいました.

 そんなわけで通常診療の時間内に多くの患者さんを診察しつつ片手間にワクチン接種をするわけにもいかず,とりあえず1日の接種人数をワクチン1バイアル分6人のみとし,月曜日から金曜日,午前診終了12時ころにまとめて来てもらい接種する体制としました.

 とりあえず今後3ヶ月間に設けた180人の予約枠は優先接種の高齢者を中心にあっという間に埋まってしまいましたが,1週間少しやってみて分かったことは,やはりスタッフの負担を考えるとこれが限界だということです.
 希望されるかかりつけ患者さん全員を受け付けることは到底無理で心苦しい限りですが,集団接種会場やまだ空きのある他の医療機関に案内しています.

 神戸市は各区で集団接種会場が設けられており私も出務していますが,東京や大阪等では大規模接種会場ができて数万人規模の接種が始まりました.

 やはり個々の小規模医療機関だけでは限界がありますので,ワクチン接種で世界に一歩も二歩も出遅れている我が国としては,こういった大規模接種会場をもっともっと作ること,そして最近は歯科医師も打ち手に加わるようですが,筋肉注射は静脈注射よりよほど簡単なわけですから,看護師はもちろん,薬剤師,救命救急士などメディカルスタッフを総動員して,1日でも早く1人でも多くの人に,特に労働人口の中核を担う若い人たちにもできる限り早急にワクチン接種が行き渡ることが,何よりも重要ではないかと思います.

 来年の今頃,コロナが収束し,今や完膚なきまでに打ちのめされてしまった我が国が復活への日々をしっかりと歩み始めていることを祈らざるを得ません.


医師 ブログランキングへ
日々是エッセイ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/05/26 14:06
 | HOME | Next »